NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近の釜だし-ボタン、ざる、皿、ボウルなど

こんにちは。また暖かくなったNYC。まあ暖かくなったり寒くなったり忙しいこと。これでもう暖かくなる一方だと良いのですが。

法律が改正に成りこの週末の日曜日から夏時間が始まります。何だか早い。でも夏の到来を予感させて気分は悪くありません。

今昼の一時なのが月曜から2時になるという事。一時間早く起きることとなりちょっと最初は慣れるのが辛いかな。

秋は逆なので間違えても待ち合わせに遅れるという事はありませんが、春は気をつけないと。


先日、陶芸教室に行くといつも会う顔なじみのBさんがアシスタントで働いている中国から最近アメリカに来たYちゃんに南部とこのNYが文化面でどんなに違うか、と言う事をとうとうと説明していた。

Yちゃんは英語がまだ得意ではないのでどこまで分っているかは謎なんだけど、とにかくレストランに行ってもウエイトレスが隣の席の客と20分くらい話していてこっちに来ないので、African AmericanであるBさんはこっちに来ないのは差別だと思ったそうである。

しかし、そうではなく話が終わるとBさんたちの席に来てまた立ち話を始めたのでこれは差別ではなく立ち話するのがマナーだと知ることとなった。

そんな話をしながら思い出したのは街猫の最近のDance教室の話。

このクラスはヨガとバレーとHip hop danceをミックスしたクラスで曲もファンキーで動きも可愛いし、何よりも普段全然Cardioをやらない街猫の唯一のCardioのクラスなのだけど、LAが発祥の地であり、この先生も最近LAから引っ越してきた人。

白人で金髪で青い目のいかにもCaliforniaって感じのこの先生の文化は全然違う。

きっとCheerleaderかなんかだっただろうと思うような、いつも笑顔ではじけるように元気なこの先生はNYにはあまり居ないタイプ。

そしてきわめ付けがダンス中にHe he he~yと呼びかけてこっちにもへへへ~イと返すという盛り上がり方。

最初のクラスではAh~Feeling Good~と言い始めたのでお~これはなんだと思っていたら、このHey~へ移行していった。

そりゃだって恥ずかしい事。なんだかとってもGirlyな感じで、New yorkerには辛かろうこのルーティーン(爆)。

街猫もこれはついていけないか~と思っていたけどまあ未だに続けていってます。

とにかくこの話で、このBさん、Yちゃんとも爆笑でした。Bさんは見た~い、テープにとって持ってきて~と言うので、そんなの駄目、見たいならあなたもJoinしてと言うと嫌がってました。やっぱりタフなNew yorkerには恥ずかしかろう、ムフフ。

やっぱりカリフォルニアは違う。引っ越すには覚悟とHiになる薬が必要と思ってしまう街猫でした:)。


さて、今日は久々の陶芸ネタ。

ちょっと前の作品ですが…。

初めて作ったざると初めてEngobe、英語ではSlipとか日本語では粉引きとか言うんでしょうかを使った鉢。
f0032635_3275380.jpg

しいたけつきCoockie jarと化石つき皿。
f0032635_3285028.jpg

焼いてから放置しておいた時に誰かが雑に扱ったか、片一方のしいたけは取れてしまいました。こういうアタッチメント系って取れるのよねえ。しっかりつけたつもりでも乾く過程で縮むし、また釜の中でも縮むのが取れやすくなる理由。

初めてWaxを使って色抜きした作品。
f0032635_3294437.jpg

うまくWaxがはじいてなくて中途半端に色抜きされてしまいました。先生に後でふき取ってから焼くようにね、と言われた。早く言ってね、もう手遅れ。

これはなんでしょう?
f0032635_3311311.jpg

ボタンたちです。

バッグ作りなどの時にこのボタンを使ってます。目玉みたいのはペンダントヘッドでギリシャやトルコのメデューサの目と言うお守り。

あまりに可愛らしいとか素晴らしいと嫉妬の目がつきまとうのでその目を跳ね返すと言う意味でこのお守りを身につけるのだそう。

何だかちょっと陰惨な考えかただなあとも思ったりするのだけど、色合いが好きなのでアクセサリーとしてエンジョイするために作りました。

ボタンの方は今からボチボチ使おうと思っているのだけど、発見したのはボタンの穴がスムースでないと通した糸が切れやすくなっていくという事実。

細部まで気を配らないと完璧なボタンは出来ないと言う事で、またまたボタンも奥が深いな、と。

今学期ももう終わり、はりきってガンガン作ってます。

人気blogランキング クリックしてね。

March 10, 2007 1:40pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2007-03-11 03:41 | Pottery/陶芸