NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

wd~50

おはようございます!

今日は鍼だけではなく、レストランの話題も...。

最近新しいレストランに行っているのですが全然更新してない街猫。しかし、この前にいったレストラン、非常に興味深かったのでご紹介したいと思います。

wd~50という比較的新しいレストランです。

実は先日誕生日だった街猫。そのディナーで行って、サプライズだったのですが、夫曰く今までに食べた事ないスタイルの食事、だとか、Supriseあり、とかいろいろ言われていたので、何だろうと心配になったりもしました:)。

だって、東京とNYに住んで食べた事のない料理なんて早々あるものでもないし、もしかしてゲテモノだろうか~などと思ったものです。


このシェフはWylie Dufresne と言って何だか有名らしく、あのJean Georgesで修行し、テレビのTop chefの昨シーズンの決勝戦のゲスト ジャッジだったと夫は言うのですが何だか記憶にありません。

ちょっと前からスペインだかどこだかでシェフが素材を泡状にしたりそれを固めてスナックのようにしたり、とにかくそういう面白い料理をしてる事で話題になってるようですがこのシェフはその流れのNYヴァージョンと言ったところのようです。

Top chefのFinalistのMercelだっけ?もこの流れをくんでいて色々と面白い料理を作っていたようです。

だから、とにかく、ここ、お料理が変わってます。Molecular cuisineと言うそうですよ。

私たちはTasting Menuにしましたが、一番変?だったのはこの2つかな。

海老のマカロンとフォアグラです。
f0032635_23254420.jpg
f0032635_232607.jpg
マカロンは白くて材質はそう、あのカッパえびせんのような感じ。でももっと軽い感じです。しかし、海老の味はしっかり主張しています。マカロンとマカロンの間にはタラゴンのペイストをはさんでありそれもすごくHerby。

夫があの日本のお菓子に似てるね~ってカッパえびせんでした(笑)。

それから、フォアグラは何だか豆粒のようです。この白っぽいのがフォアグラのようで茶色いのはチョコ、緑のは何だかHerbかな。

形が全然フォアグラじゃないのでショックでしたが、味はしっかりリッチなフォアグラの味がしまう。

やっぱり食事って視覚の影響を受けてるなあと納得。やっぱり見た目と味がマッチしないと何だか不思議な感じがします。

テイスティング メニューの一部がここに出てますので興味のある方はどうぞ。

とにかく、不思議な感じのお料理、でも美味しいのですよね。やっぱりそれが肝心。

Tasting menuは12種類。お腹いっぱいになるかと思いきやそうでもなかったです。

普通っぽいのもありますよ。Sweetbread(膵臓?)のフライだとか。食べられないものがあれば事前に言えば変えてくれます。

その代替で、Duckかなんか出てきたのですが脂がのって本当に美味しかったです。

ソースとかも色々な素材が使われていてそれがペースト状だったりアイスクリームは何だったかなChicoryのとかありましたよ。

素材と料理の間にBoundaryがないって感じで意外なものが意外な形で意外な料理に使われているといった感じです。

チョコレートとか滑らかですごく美味しかったです。

お値段はTastingが$120くらいだったかな。それからワインをParingしたので$65。

最近凝ってるモヒートで乾杯しました。

いや、ちょっと飲みすぎでしたが楽しい夜でした。

ダイニングの雰囲気はとてもカジュアル。ちょっとヒップなお店だというのでDressed upしなきゃいけないのかな~とか思っていたら、夫が、Casualだって。

行ってみたら本当にCasual。ウエイターもシャツの色は揃えているもののジーンズに青い普通の胸当てのついたエプロン姿。

来ている人も気楽な感じです。

有名人は来てないか...と思っていたら、ここ、ワインセラーでPrivate partyとか出来るようできっとこっちには有名人は来てませんね。

ダイニングの雰囲気はシンプルでまったく気取りはありません。あくまでお料理を堪能していただこうといった感じ。

こんな感じです。

お値段は毎週行きたいほどではありませんが、この料理の内容を見れば沢山のシェフが働いている事は確実。夫がキッチンをチラッと見て沢山居るって言ってました。

裏ごししたり泡立てたり、仕事はいっぱいありそう。だから、やっぱり人件費高いのかな。

でも、是非、また行きたいレストランです。色んな意外やサプライズ、そして見た目にも美しいし美味しいお料理です。


有名人で思い出したのだけど、この前Heath Ledgerを見ました。Brokeback Mountainで有名になった彼だけど、以前はBrooklynに住んでいるというのはちょっと有名。

Brooklynで見たのだけど、やっぱり小さいので本当に彼かどうかSureではありませんでした。

でも、会話が聞こえてきてこの辺に住んでた時は毎日、ここに行ったとか、そういう会話。それで彼だ~と確信しました。

画面で見るより、二周りくらい細身で身長もそれ程高く見えません。きっと注意しないと気がつかないと思うなあ。

ヒースがあの大きさではきっとJake Gyllenhallはすごく小さいだろうな~と思ったけど。

妻?のミッシェル ウイリアムズは居ませんでした。

それと、ミッドタウンで兵藤ゆきさんをお見受けしました。息子さんと一緒に帰宅されてた感じでしたね。

彼女も本当に小さいですね~。顔はちょっと大きめでした(笑)。


このレストラン、Lower East sideでちょっとラフっぽいブロックにあります。
f0032635_2353469.jpg

フレンチアメリカンって感じですね。

お勧め度:9(Innovativeなものが好きな方には最適)
ディナー$度:$200/Person-Tasting Menuでなければそれ程高くないかな。
Menuはこちら

中々予約が入りにくいそうですが早い時間だったら比較的あいているようです。

Wd~50
50 Clinton St
New York, NY
10002-2401
Phone: (212) 477-2900

人気blogランキング クリックしてね。

June 26, 2007 11:05am (EDT)
[PR]
by NYCDiary | 2007-06-27 00:05 | Restaurants & Cafes