NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Syriana(映画)=シリアナ

昨年見たSyrianaをご紹介したい。Reviewはこちら

この作品、数々の賞で評価され、一度はCinderella ManのPaul Giamattiを破ってGeorge Cloonyが助演男優賞を獲得したりした。

確かに体重も増やしただのおっさんと化していた彼の演技は気合が入っていたかもしれない。でも原作に忠実にしようとはげにするのは生えてこなくなったら嫌だという理由で拒んだらしい。

やっぱり中途半端な気合の入り方なんじゃないかなあ。

映画としては、分りにくかった。あのトラフィックの監督だったので色んな物語を同時進行で描いていたし…。

トラフィックは題材が日常的だったけど、これは石油の利権の話だしね。やっぱり分り難いかも。

結局はアメリカが石油の利権のために悪い事をしているような事を描いたり…ハリウッド監督の問題提起的な映画だった。

ハリウッドってこういうの好きだものね。

脇はMat DamonやAmanda Peetだった。これもまた別に特筆するべき演技でもなかった。Mat Damonって役者的にはそう優れていないのでは…と思ったりする。

ただこのAmanda Peetというのは出演作も多くいつも脇をやっているのだけれど、結構幅広い役が出来るのではないかと思う。

見たのは2000年のWhippedとかChanging Lanesとか後はIdentityというのもあったな。いづれも結構違う役どころをまあそつなく演じていたと思う。こないだテレビで批評家が言うには彼女のような女優はもっと評価されるべきだそうだ。

そうかもしれないなと思う。コメディも出来るしドラマも、スリラーも出来るし、ただきれいなだけの馬鹿も出来れば、普通の奥さん系も出来るし。

Identityというのは個人的に結構好きだったけどね。Multiple personalityの話で職業的にも興味があったし。結構怖かったし。

まあ2006年も売れてるじゃないですか、彼女。出演作は目白押し。

後はChris Cooperとかはどんなに小さい役でも本物みたいにやると言うのは実証済みだし。

ちらっとしかでなかったけど、この役者が結構好き。Tim Blake Nelson。よく見る顔だけど、O Brother, Where Art Thou?が印象的だった。

良い役者ばっかりそろえてる割には皆チョイ役だからノミネートされないし、大役をやった人達はそこそこって感じだったなあ。

Grade:B
f0032635_4174365.jpg
February 1, 2006 2:15pm (EST)
[PR]
by nycdiary | 2006-02-02 04:18 | Movies/TV