NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

North Country=スタンド アップ(映画)

North Country-シャリーズセロンの新作。

冬の炭鉱が舞台で寒くて辛~い映画でしかもテーマはずっしりと重たかった。

泣きたくなるようなシーンが随所にあり辛くなってしまった。

脇を固めるのは信じられないオスカー受賞者のドリームチーム。

まず、Frances McDormandFargoで、この映画の演技も素晴らしかった。オスカーの候補になるのでは?と思っていたらなったでしょ。

旦那役のSean Beanも中々良く、二人の愛には涙させられた。

シシースペイシクは勿論オスカー女優で母親役だった。今回の役はそれ程素晴らしいとは思わなかったのはきっといつもすごいからだと思う。

ちょっと前の彼女のIn the bedroomはすごく良かった。

メリッサトメイとか上手い人がこれまた出演していた。確かIndy映画だったのがヒットしたような映画だった。

メリッサトメイのMy cousin Vinnyは今も忘れられないおかしい映画。Brooklyn(NYC)のイタリア系アメリカ人の物語だが、彼女自身もBrooklynの出身らしい。

個人的に良いと思ったのは父親役のRichard Jenkinsである。良く見る顔だが何だか写真がない。

彼の演技は良かったと思う。個人的にはオスカーにノミネートされて欲しいと思ったがかなわず。

やっと見つけた写真、Richard Jenkinsは左側のおじさんである。

それから勿論主演のシャリーズセロンもオスカー女優である。でも今回の演技は素晴らしかったものの、これがまたオスカーを取るかといったらそれは又疑問。

どうしてもあのMonsterと比べてしまうのである。あの演技はすごかったから。

物語はミネソタの炭鉱のセクハラの裁判であるが、本当に暗い。アメリカで炭鉱と言うと一発で貧乏というイメージであり、この裁判が実際にあった1985年にこんな事が起こっていたのはきっとこの土地の保守体質だと思う。

MSWの時にSocial WorkでPoverty(貧困)を語った先生の奥さんは炭鉱夫の娘だといっていた。そう言う意味でも他の意味でもSocial Work満載の映画だった。

随所に泣かされるし、良い映画だとおもうが、最期の展開があまりにも取ってつけたように早すぎる。しかし、最初の展開はどうものろい。この辺り、監督があまり経験のない感じがする。2作目だそうである。

これだけの役者が揃ってるのだからもっと頑張って欲しかった。

人間の心の機微というのはこんな風に割り切れるものではなくもっと複雑だと思うのだ。勿論映画だから細部まで描ききれない事は分っているがそれにしてもとってつけたような展開だった。もうちょっとすったもんだが欲しいものだ。

そしてオスカーの作品賞を取れるか?と聞かれたらう~ん、とうなってしまう、と思っていたらやっぱり選をもれていた。

同じ、女性自立系のエリンブロコビッチと比べたらはっきり劣ると思う

Grade:B
f0032635_05207.jpg


February 8, 2006 10:02am (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-09 00:07 | Movies/TV