NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

March of the Penguins=皇帝ペンギン

これで最後か2005年賞関連の映画。

出た!March of the penguins。興行成績がよいと評判の映画であった。ナレーターはモーガンフリーマン。

Reviewはこちら

ペンギンが南極で恋のシーズンに100キロも離れたところまでお見合いをしに行く。その際ペンギンは鳥のくせに飛べないし、陸なので泳げないのでずっととことこ歩いていくのだ。それが非常に可愛いのだが。

餌のあるまだ凍ってない土地からそのお見合い場に行くのは夏になっても溶けてしまわない土地で安心して卵を育てられるからだそうだ。

ペンギンは何年も同じペアで一緒に子育てをするそうでオスの方が僅かに少ないのでお見合い場では男の取り合いになったりするのだ。

卵を持つとメスは産卵の為に体重の1/3を失い。生き残る為に卵をオスに託して又100キロの道のりを帰る。餌を求めて。

オスはこの後4ヶ月もの間体重を半分に減らしながら卵を温めるのだ。卵は足と足の間に大切に挟んである。足をまげて卵を守っていないと一瞬のうちに寒さで卵は凍ってしまうのだ。慣れてないペアはメスからオスに渡す時点で上手く行かず卵は凍ってしまった。

冬は益々厳しくなりペンギンたちは輪を作り一番暖かい真ん中と他の場所を常に移動しながら寒さをしのぐ。弱いものは寒さの為に死んでいく。

そしてヒナ誕生。でも寒さから守りきれないと又一瞬のうちに凍って死んでしまうのだ。

オスは飢えながら寒さに耐えながらメスが帰ってくるのを待つのだ。

そしてついに帰るとペンギンたちは声を上げて迎える。でもこれはお互いを声で判別するためである。そしてメスにヒナをバトンタッチしメスは沢山食べたものを口の中からヒナに与える。

そしてオスはまた100キロ空きっ腹で寒さの中を海に帰り餌を取るのだ。この行為のため、オスはどうしてもメスよりも数が少なくなるのだそうだ。この過程で死んでしまうオスが多いのだ。

この100キロのマーチを繰り返すことからこの映画のタイトルになっているのである。

ペンギンの生態は高校生の時に図書館で読んで非常に感動をおぼえたものである。オスが一生懸命やるところが。でも考えてみたら当然だと思う。オスの方が普通は強くよりメスより多くの事を出来るはずなのだ。

ヒナたちは常に危険にさらされ、命の危険は最大である。それも自然界では当然のことであろう。弱いものから死んでいくのである。

学校のときにLoss &Griefの授業でやったのだが幼児の死亡率はほんの百年前まではものすごい高さだったのだ。ペニシリン発見前である。

だが今では子供の死とは稀でとても悲しいものになった。科学の発達が自然の摂理を変えたのである。

ペンギンたちも子供を亡くし他のペンギンの子供を盗もうとしたり、子を亡くす事は本当に悲しいことのようである。

それは動物としての本能ではないかと思った。種の保存という生物にとって最大の使命を誰もが持って生まれてくるのである。勿論人間も。

Lossのクラスで子供の死が一番辛く9割の夫婦が子供を亡くすと別れてしまうと習った。

夫と帰り道話しながら、街猫だったら毎年子供は産まないわと。だって何で寒いところに毎年行って命を危険にさらし…。

そしてペンギンにもっと知恵があればお見合い場から海までのデリバリーシステムを開発して仲間が死なないように出来るのにね~とか冗談を言い合っていた。

こんな事が出来たのは動物の中で人間だけであり、だからここに人間の繁栄があるのだ。それを考えると不思議だった。

人間に知恵がなかったら今頃野良で子供を亡くす恐怖に怯えながらもせっせと子供を産んでいるかもしれない。

それと引き換えに人間は種を増やす能力を半減させてきたのだ。生命に危機がなくなれば種を増やさなくても良いのは当然の自然の摂理であろう。

色々考えると面白い。

ペンギンの映像は文句なしに可愛く。最初の方は寝そうだったものの、ヒナは本当に可愛かった。

それに身を寄せ合うペンギンたち、しかも一夫一婦制に感動し、可愛さに心を洗われるようだった。

この映画を作ったフランス人の夫婦の事をテレビで見たらものすごい危険そうなところにも二人でどんどん行っていたって楽しそうにカメラを回していてなんだかコミカルでさえあった。ものすごくEarthyなフランス人。

Grade:A-

可愛い映像はここにも

うふ、愛…f0032635_0355680.jpg

f0032635_0361060.jpg
f0032635_0393481.jpg

February 14, 2006 10:42am (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-15 00:43 | Movies/TV