NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Le Jardin Bistro

夫の誕生日と言う事で本人希望のLe Jardin Bistroに行った。

Le Jardin Bistro
25 Cleveland Pl, New York 10012
Btwn Spring & Kenmare St
Phone: 212-343-9599

Reviewはこちらこちら

この店は以前街猫がフランス語のクラスを取っていた時先生に教えてもらった店。その時は夏で裏庭が素敵だったのを覚えている。

言わずと知れたこのレストランの名前、Jardinは想像に易くGardenと言う意味である。

いかにもヨーロッパといったカエルの置物があったり、とても素敵な庭。しかし、冬は勿論使えない。

でもキャンドルホルダーも緑のカエルだったりして可愛い。

料理は本当のフレンチだと思うが、量はアメリカサイズ。なのでちんまりと真ん中に盛られてくる上品な料理を想像するととってもびっくりする量。

しかし、どれも美味しい。

街猫はいつものように前菜にフォアグラ。これはテリーヌ。2003年にNew York PressにNYC Best Foie Grasに選ばれたと壁に貼ってあった。

そんなものがなくてもフォアグラを注文するんだけど…:)。とても美味しい。こないだ鳥インフルエンザを心配していた事など全く関係なく即注文:)。

メインはブイヤベースにしてみた。

どちらも美味しいけどスーパーサイズ。フォアグラについているパンを結構食べるとそれだけでおなか一杯になりそうな量。

ワインはグラスでボルドーの白にしたけど酸っぱすぎて変えてもらった。結局ムスカデの白。それでもなんだかしっくり来ない味だった。あっさり今日はワインの日ではないんだわ、と諦めたけど。

夫はスープとアントレはLambのローズマリー風味。これもとっても肉が弾力があって美味しかった。

何を注文しても失敗がないだろう、この店。

いつもフランス人のウエイターが居るらしい。昨日のお兄さんもものすごいフランス訛り。ああ、フランス語が上手なら…といつも思う街猫。

でも片言で話したりするのはとっても恥ずかしいのでしない。ドウモアリガトと勢い込んで日本食レストランで言うアメリカ人になったような気分になりそう:)。

ブイヤベースは濃厚でハーブが利いていた。その上チーズとマヨネーズとケチャップを合わせたようなソースがお好みで使えるように添えてあった。勿論パンも。

こんなもの食べたら絶対コレステロールがというような濃厚な味。でもとっても美味しい。

フランス人は赤ワインを飲むので濃厚なソースの料理を食べてもコレステロールが上がらないらしい。しかも赤ワインをいくら飲んでも大丈夫な胃に適応もしているのだと聞いたけど…。

店に終始流れるのは例のアコーディオンのシャンソン。いかにもフランスって感じ。

店内は怖ろしく洗練された雰囲はあまりないが、カジュアルで落ち着ける感じ。

行くたびに満足する味。夏にはまたGardenに行きたい。

この店の並びのレストランもGardenの存在を掲げているので美味しければ行ってみるのも楽しそうだと思った。

ディナー$度:$60/Person(お値段もとってもカジュアル)

お勧め度:10

February 26, 2006 11:43am (EST)

f0032635_1415665.jpg
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-27 01:45 | Restaurants & Cafes