NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2006年 12月 22日 ( 2 )

BODIES Exhibition

夫が休みの時に一緒にBODIESを見に行きました。

友人に面白かったと勧められていたこともあったし、フロリダでもやっていてそれが007 Casino Royalに出ていてリマインドされてしまった。

場所はSouthstreet Seaport。
f0032635_10172423.jpg

港があって、Shoppingにもよくて中々お洒落な感じの観光スポット。しかし、昔はこの辺は怖ろしくて近寄れないようなところだったそう。今はとっても安全。

前にご紹介した船着場からUptownの方やBrooklynへの便も出てます。

ツリーもこの通り。
f0032635_10182968.jpg

そしてExhibitionはこの入り口。
f0032635_10191523.jpg

内容はと言うとこの写真の通り人体の本物のサンプルが色んな部分や全身と言う形で展示されているのです。
f0032635_10224622.jpg

勿論、血を抜いてあるせいで人体の水分は抜けているのでサンプルの身体はちょっと小さめ。

しかし、美女の胴切りどころじゃない縦に食パンのように切られた縦切りサンプルありと全編人体の神秘と言った感じ。

身体のちょっとしたFactsみたいなものも書かれていて結構興味深い。

体中の血管のサンプルだとか肝硬変の肝臓のサンプルだとか多彩。

先日、アル中の本を読んだのだけど、そのアル中の肝臓の描写とそっくり同じ様子だった。

月面クレーターのようにでこぼこで腫れて破裂したようなぶつぶつがあり灰色。

Smokerの人の肺など、結構行ったら健康についても考えさせられる内容。

それにしても綺麗に処理してあるものと感心すると同時に、鶏肉などのすじそっくりの人体を見るとこの私が一瞬、ベジタリアンになりたいという思いが胸をかすめたほど。(本物だものね、なんたって、まつげまでそのままついてるもの)

入場料は時間帯にもよるけどだいたい$26と高めだけど、それとちょっとグロイけど面白かった。

はっきりと書いてないのですが2月までやっているようです。

BODIES New York
EXHIBIT INFORMATION
South Street Seaport Exhibition Centre
11 Fulton Street,New York, NY, 10038
(at the corner of Front Street)


人気blogランキング クリックしてね。

December 21, 2006 8:34pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-22 10:32 | NY Spots

夫の即席マフラー

ちょっと前に編んだこのマフラー。夫は気に入って使ってます。

なので本人着用の際の写真を。
f0032635_1024621.jpg

この編み方正式にはなんていうか知らないのだけど、棒編みでひたすら表編みだけをやっていくとこうなる。

ちょっと前に買った帽子とマフラーがこの編み方だったのを真似たもの。

簡単ですぐ編める。

写真では分り難いけど、黒と明るい青のツイードの対比がとっても印象的。街猫も気に入った一枚です。

もうクリスマスまで秒読みの今日この頃、今日はちょっと寒かったけどやっぱり暖かいなあ。


人気blogランキング クリックしてね。

December 21, 2006 8:08pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-22 10:06 | 編み物&縫い物&Craft