NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Garden( 56 )

f0032635_1175868.jpg


昨日Baby Bananasの株分けをやった。ものすごい勢いで密着していたのでどうしたものか?と思ったがすっぱり切るしかないらしいので、そうする。

ネットの検索ではBabiesたちはあまり大きくならないので母親を救うように心がけるみたいな事を書いてあったりする。

しかし、ブルックリン植物園で衝動買いしてしまったこの苗、元々Babyを株分けして増やしたものだと思ったりする。

やっぱりその方が種から育てるより早いし商業的に見て効率が良いし。

サボテンとかも輪切りにして増やしたりして売るとかどっかに書いてあったし…。


この時期に株分けするのはあまり良くない様だったが(本当はもっと暖かくなってからだって)そうなるとさらに大き目の鉢に植え替えるしかないと言う事で断念し、株分けする。

アメリカはほら、部屋も暖かいから:)。

案の定開けてみたら根は張り放題。母に元気がないわけである。

お陰ですっきりとしたバナナたち。

f0032635_142975.jpg


でも根を結構失ったので要注意。

人気blogランキング クリックしてね。

March 27, 2006 11:44am (EST)

追記:

午後に金ごま、白ごま、黒ごまの種を植える。ごまは熱帯植物だそうで室内で栽培をスタート。夏は屋外に出し、冬は室内でキープする予定。ごまの匂いのする植物なのだろうか???楽しみ。
[PR]
by Nycdiary | 2006-03-28 01:49 | Garden
さっさと更新しておかないと忘れてしまう、という訳で。

種まきしました。

Columbine McKana's Giant Blendと
f0032635_9233294.jpg

Virginian Stock
f0032635_9234698.jpg


今のところ前にまいたPoppy Mikadoと黄色のViolaは発芽なし。Violaはもう出ないかも、寒かったし、しかもリスに散々何度も荒されたし。
f0032635_12204122.jpg
f0032635_1236959.jpg


FuchsiaとPassion Fruitの各種も発芽なし。

f0032635_1222344.jpg
f0032635_12241874.jpg

Passion Fruitsはトケイソウと言ってとってもユニークな花。9月にアムステルダムで本物を見て一気にファンになってしまって、ネットで種を注文したのだけれど…。

こういう珍しいものって発芽しなかったりするんだよね。不安。



人気blogランキング クリックしてね。

March 24, 2006 10:31pm (EST)


追記:Virginian Stockは3/31に発芽しているのを確認。
Mikadoは3/29に発芽しているのを確認。
[PR]
by Nycdiary | 2006-03-25 12:39 | Garden

Viola Whiteの開花

ヴィオラの白が開花した。

去年の秋口に種を植えてやっとの開花。やっぱりあんまり寒すぎても駄目な品種だったらしい。

f0032635_0512138.jpg


まだ花を付けているのは2株ほどで15株くらいあるので満開になるのが楽しみ。

春一番の種まきとして黄色のViolaの種を撒くも芽は一向に出ず。

やっぱり最近寒すぎるからかな~。


人気blogランキング クリックしてね。

March 23, 2006 10:53am (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-03-24 00:53 | Garden

やっぱり春-Mint's back

ガーデニングをやり始めてから毎年のように春の気配を感じるのは植物から。

植物はやっぱり季節を知っているのだ:)。

NYぐらいの寒さなら結構なHerbたちが屋外で越冬できる。

植物にはPerennial(多年草)とAnnual(一年草)があって、多年草とは種ではなく根が残っていて春になったらまた帰ってくるタイプの植物で、Annual=一年草とは一回花が咲き種が出来てそれが自家発芽して戻ってくるようなタイプ。言い方を変えれば種がなければ帰ってこないタイプである。

バジルやシソなどは一年草で自家発芽して春に帰ってきたりする。それもとっても楽しい。シソはNYの寒さでも元気に春に帰ってくるがBasilなどは結構寒さに弱くて帰ってこなかったりする。

多年草の代表選手はMint。これは本当に強くていつも帰ってくる。
f0032635_542751.jpg


なんだか分らないという方はこちら。
f0032635_54536.jpg


去年の木が全く枯れてしまってもこの通り。今年も帰ってきました。

しかし、NYより寒いところになると鉢植えでは帰ってこなかったりします。地植えの方がSurviveするのです。

Sageも結構強くてPerennial。NYの寒さでも帰ってくる。でも三色セージとかそういうのはちょっと寒さに弱くて帰ってこなかったり。

Perennialの中でも寒いところではBiannualとかあるらしい。

Mintは写真の通り地植えにしているけどプラスティックの鉢のまま埋めている。何故かと言うともうInvasiveだから。

隣の敷地にまで行ってしまうようなものすごい生命力で管理が大変なのでこうして防いでいる。

そのせいで春になって帰ってくるかなあ、と思ったけど大丈夫だったみたい。

今日はまた寒いけど着実に春は近づいてますね。

March 15, 2006 3:13pm (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-03-16 05:13 | Garden
おめでたと言っても街猫ではなく、このDwarf Banana。↓ 

夏に買って大きくなったので大きめの鉢にうつして冬越えのために室内に移すも成長は続き、ちょっと前からBabiesをこしらえている。それも双子。前は大きいのと小さいので差があったけど今はもうどっちも大きくなって。

鉢を移したいところだけど冬の間は我慢。前に根をいじって枯らした事があって学んだのだ。春に植え替える予定。その時はBabiesは一人立ちという事に。

f0032635_311492.jpg


これが母。↓
f0032635_353040.jpg

葉が落ちたりして元気はいまいち。やっぱり狭い鉢に双子を持つと…。Bananaは温度や環境が整えば冬でも甘いにおいの花を咲かせると聞いたのだけど、この母にはそんな余力はなしのよう。

春の予感のライム(Dwarf Lime)。去年購入したばかりでヒヨワ。冬の間元気がなかったけど、ほら、なんだか新芽がいっぱい出てる。↓
f0032635_375419.jpg


お次はDwarf fig。イチジクだっけ?これも去年購入のヒヨワ。冬の間一瞬枯れかけたけど復活。右のほうに新芽が。↓
f0032635_382287.jpg


去年ロックフェラーのところの市で購入したコーヒーの木。やっぱり冬の間元気がなかったけどやっぱり新芽が出てきて…。↓
f0032635_385083.jpg


植物群↓ ゴムの木は去年の冬越えでかなり弱ったけど夏に屋外で陽に当てたらものすごく大きくなった。この肉厚な葉はここ何年かでベスト。
f0032635_391355.jpg


暖かくなってパティオに出すのが待ちきれない街猫。

きょうもすごく暖かく日が射して聞きすぎの暖房に外の風を入れたら、もう春の感じ。The girl from Ipanemaがかかったらもうサブリナパンツをはいて外に出たい感じ。

と言っても感じだけでそんな事したら風邪引き込んで大変なんだけど:)。

今年は成績よく冬越しで危篤状態や没になる植物もなし。

部屋は暖かくても日差しの関係かなんかで植物って季節を知るんだよな~。やっぱり冬は元気がないもの。

春が待ち遠しい。こんな時雪国に住んでるって感じがつのる。

February 17, 2006 1:58pm (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-18 03:57 | Garden

春の気配…

と言いたいところだが、ど冬のNYです。

でもコンビニで見つけた綺麗な花たち、$7とお値段も手頃だったので買ってしまいました。

f0032635_340357.jpg




f0032635_3415493.jpg


January 5, 2006 1:45pm (EST)
[PR]
by nycdiary | 2006-01-06 03:45 | Garden