NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Pottery/陶芸( 13 )

最近の釜出し

おはようございます。種まきもガーデニングも一息つき、レストランウイーックも終わりちょっと暇になった街猫。更新も出来ます(笑)。

陶芸の新学期も始まり、今学期は更に楽しい陶芸。気の合う仲間が増えて、クラス外でも知っている人が増えて和気あいあいとした雰囲気です。

その中でもBさんは街猫が親しくなる人たちには珍しいAfrican American。Africanとか言うとアフリカかあと思ってしまうんだけどアフリカなんか全然知らない世代。

モーガン フリーマンじゃないけど自分はアフリカなんか知らない、自分は黒人だって感じでしょうか。

しかし、カリビアンにしても何にしても元々はアフリカから来た事には変わりないのだけれど、やっぱり最近は黒人と言ってはいけない雰囲気が漂っていますから、やっぱりAfrican Americanかな。

とにかく、この人とは価値観がすごく合う。しかも街猫がパッショネイトに感じる分野の価値観は異常にあっていて、興奮して喋っていても全くそうは思わない、という声は聞こえてこない感じ。

多分、日本人でも白人でも黒人でも何でもこんな人は珍しいと思うくらい。

それにJokesが好きなのも大きな理由。何を言っても笑うってくらいBさんにはうけまくる街猫。

先日の例の夫のボスの高尚?なパーティでインドのシーク教徒?の方が居て実はあのターバンの下の髪は宗教的理由で切らないんだそう。

それで、ふいに、「そうなの、私も宗教的な理由でね、Bikini Waxはしないの」というJokeが浮かんでしまい言おうかどうしようか、と思ったけど初対面の人だったし。

Bikini waxと言えば聞こえは少々良いけど要するに股脱毛の事だから、やめときました。

後で夫にこの話をすると自分はいつも趣味の悪い鯨肉のジョークとかよりによって街猫の超リベラルのSocial workersの友達に言うくせに、それは失礼なんじゃないの、と。

この話をBさんにすると彼女は、え~、面白いけどね~とか言ってました。面白いだろうけどまあ、下品かな。

最近ちょっと口に気をつけなくちゃと思う街猫。

とにかくBさんとはクラス外でも永遠に喋り続けるうるさいおばさんコンビって感じです(笑)。


さて、その陶芸、最近の釜出しです。
f0032635_2353397.jpg

別の角度から撮ると
f0032635_236459.jpg

スプーン型皿の色はとってもきれい。

歯ブラシたても作ってみました。ちょっと前のものはやっぱりあんまりエキサイティングじゃないと思うのは、最近上達しているのでしょうか(笑)、とか。

今学期はもっと大きなピースを作っています。

それとスーパーの籠からヒントを得たボウル。
f0032635_2365140.jpg

真ん中に取っ手が付いている持ち易いしかも画期的なデザインのあの籠。何だか良いなあと思って作ってみました。

持ち運びはものすごく便利。

また続々と釜出ししていますので続編に続きます。Kilnのコイルを変えたとかで最新のPiecesの焼き上がりは非常にきれいです。

ここに更新しているものとは雲泥の発色ですよ。

そんな事ならもっと早いタイミングでコイル変えてくれないだろうか。全然違う出来なんだけど...。そうなると今までの苦労は何なのって感じなのだけど...。

Managementに対する文句は他の生徒からも他の件で出ているのだけど、やっぱり何でも完璧って訳には行かないようで。

人気blogランキング クリックしてね。

August 1, 2007 10:14am (EDT)
[PR]
by NYCDiary | 2007-08-01 23:30 | Pottery/陶芸

最近の釜だし

こんばんは。

今日はこの夏初めて暑くてバテそうと思ってしまいました。昨日は暑かったせいで、どうも水を飲みすぎたようで足が早速むくんでだるく、こんな妙なところから夏を感じた街猫でした。

NYCの暑~い夏の到来です。雪国で冬もめっぽう寒いのにやっぱり夏は暑いのですよね、ここ。

しかも日本とは比べ物にならないまでも湿気もあるので夏は結構厳しいです。

さて、ちょっと前に釜出ししたものたち。

最近は大きな器をひけるようになってきて結構楽しいです。

大皿は深くてパスタとか盛るのにも良さそう。色が気に入りました。白いボウルは葉っぱの模様をかいてみたり。
f0032635_1024203.jpg

横から見たら、こんな感じ。両方ともとても気に入りました。
f0032635_10251497.jpg


花びらの形の皿とボウル。先生には花びらを作る時の亀裂が深く行き過ぎてるかもしれないから割れるかも、と言われたけど大丈夫でした。
f0032635_10272386.jpg

お皿に餃子を盛ってみました。
f0032635_1034159.jpg

ボウルとお皿。
f0032635_10345413.jpg

このボウル、手頃な大きさで深さもよく、結構使ってます。横から見るとこんな感じ。
f0032635_10392526.jpg

↑ボウルにはスタンプのようなものを押してちょっと変形させてみました。

この3倍くらいの量を釜出ししてもやっぱり気に入ったのはこのくらいかなあ。

さて、ラストスパートでたくさんひいているこの頃。学期も終了です。Glazeするものが溜まってます。釜出しのラッシュも近いかな。

楽しみです。

May 25, 2007 9:46pm (EDT)
[PR]
by NYCDiary | 2007-05-26 10:44 | Pottery/陶芸

またまた釜だし

まだありました、釜だし。

ちょっと前に作ってUpしてなかった。ポット。形は気に入ったのですが、どうもGlazeが決まりませんでしたね。でも好き。
f0032635_23274277.jpg

ポット作りってちょっと楽しい。色んな要素があって切り貼りがあったり。

カップ二種。ちょっと変わったものが欲しいと思って作ってみました。ドーナツがくっついてるみたいな取っ手、ちょっと気に入ってます。隣は面取りのカップ。取っ手もちょっと面取りにしてみました。この取っ手のついてる角度。ピンとなって気に入ってます。
f0032635_2330295.jpg

またカップ。ほとんど嫁に出しました。やっぱりGlazeって思ったように決まらないなあと。
f0032635_23315339.jpg

黄色いカップは実はソーサーつき。
f0032635_23323058.jpg

湯飲みと小さいボウル。ボウルは鍋物をする時の取り皿にと作りました。ちょっと気に入っているシリーズ。
f0032635_23334422.jpg

皿とボウル。ちょっと平凡でしょ。このボウルのほうは鍋の取り皿シリーズです。
f0032635_23484639.jpg

しかし、この皿とボウルがSpecialなのは裏側です。
f0032635_23352764.jpg

Waxで染め抜いた模様。ちょっと気に入ってます。一応名前が入っているので隠してます:)。

カップと急須。これはTea potでなく急須って感じですね。ミツワで買った$3くらいの取っ手をつけてみました。夫のお気に入り急須。
f0032635_23375499.jpg

黒いボウルとお月様カップ。
f0032635_23392427.jpg

お気に入りのお月様カップはアップだとこんな感じ。可愛いでしょ。
f0032635_2340862.jpg

お月様とか星とか何でこんなに可愛いんでしょ。

ボウルは平凡、でもないんですよ。
f0032635_23405941.jpg

外側こんなです。ワックスでProtectして桜(梅にも見えるな)を描いてみました。ちょっとピンクがきついなあとも思うけど重宝するボウル。

ツートンカラーの皿。シンプルだけど中々。
f0032635_2342478.jpg

あまり作らなかった皿。ちょっと下絵を入れました。
f0032635_23432637.jpg

何となく平凡な皿で形も全然気に入らなかったのだけど。
f0032635_2344940.jpg

食べ物を入れると映える色だと気がつきました。
f0032635_23444159.jpg

やっぱりそう言う事を考えて作るべきかも…と。


人気blogランキング クリックしてね。

April 11, 2007 10:49am (EDT)
[PR]
by NYCDiary | 2007-04-11 23:49 | Pottery/陶芸

最近の釜だし

こんにちは

昨日はお天気が良くて気持ち良い日だと思ったら今日は雨のNYCです。

ハッと気が付いたらもう4月。Last Frost dayももう迫っています。

という事は、そうです。Gardeningの季節です。

庭のPrennialsはボチボチ新芽を出し始めて新しい命が光っている街猫の庭。いや、可愛いものです。

昨日は古い茶色い去年の草を始末してちょっとすっきりしました。

種も注文したり買ったりしているので土さえまいておけば新しい年の園芸に準備も万端です。


さて、今日の話題は園芸ではなく、久しぶりに陶芸です。

最近の釜だし。

ボウル二個と皿。この3点気に入りましたがまだちょっと重いです。
f0032635_2303294.jpg

ぶんぶく茶釜とかたぬきポットとか名づけたこのポット。ボディを作ったときからなぜかたぬきのイメージだったのでこの色に。蓋の取っ手がなくこのしっぽのようなハンドルもアクセント。気に入ってる一品です。サムライのちょんまげのようなカップも気に入って使ってる一品。
f0032635_2305485.jpg

スプーン型の薬味入れ。ソースなどを入れても良いなあと思って。黄色い方は嫁に出しました。結構気に入ってます。作るのも簡単だし。
f0032635_231175.jpg

横から見るとカップはこんな感じ。シリンダーを作っていて曲がってしまったのが気に入ってしかも上を切ったら切り口が気に入って、そのままカップにしてみました。この雰囲気にあうGlazeをと言う事で考えてみましたが、どうでしょ。夫のお気に入り。
f0032635_2314012.jpg

夫のうつした写真はこちら。義父母に見せるのに送ったんだそう。
f0032635_23315355.jpg

ボウルとカップ。上から見た図。ニワトリのスタンプをそこに押したボウルは色が気に入りました。このカップ。面取りをしてろくろで回していたら何だか急にねじれてしまったのですよね。それが気に入ったのでそのまま焼いてみました。
f0032635_231581.jpg

横から見るとこんな感じ。このカップ、大きな木の幹って感じで、面白いなあと。ハンドルも合わせて手で握って作った素朴なものです。先生はハンドルないほうが良いんじゃない?と言ってたけど後であった方がやっぱり良かったねって。
f0032635_2322622.jpg

夫の写真はこちら。良く撮れてますね。
f0032635_2333110.jpg

Sake/Wineカップ二個。平凡ですがこれはちょっとスペシャルなのが底。
f0032635_232512.jpg

このように空洞になっていてそこに粘土の玉が入っていて振ると鈴のようになるように出来てます。何のために?って聞かれたけどやっぱり楽しいから?
f0032635_2331325.jpg

苦手な皿二枚。どうも皿作りって苦手で。だからちょっと分厚くて重いですが、この桜のスタンプと粉引きで着色したところは気に入ってます。この桜のスタンプも自分で作りました。
f0032635_2332912.jpg

粉引きを使うと上に使うGlazeの色が薄い色に限られて残念だと思っていましたが最近Waxを使う事を覚えて色々実験中。

最近、初めて人にあげ始めました。Special OccasionsのPresentsだとその人専用に作ったりしてたのですが、普通ののヤツはあまり個数が溜まり過ぎてSpaceがなくなってきたのですよ。かと言って捨てるにはとっても惜しいし、と言う事で。

今まではちょっと気がひけてたのですがやっぱりもうちょっと自分の作品を愛おしまなければいけないなあ、と思ったりして。もっと自信を持って出来ると良いなあと思います。

今期も張り切って作ります。

今日はオカマの日だ~。日本ではお祝いとか行われているんでしょうか?

人気blogランキング クリックしてね。

April 4, 2007 10:40am (EDT)
[PR]
by NYCDiary | 2007-04-04 23:41 | Pottery/陶芸
こんにちは。また暖かくなったNYC。まあ暖かくなったり寒くなったり忙しいこと。これでもう暖かくなる一方だと良いのですが。

法律が改正に成りこの週末の日曜日から夏時間が始まります。何だか早い。でも夏の到来を予感させて気分は悪くありません。

今昼の一時なのが月曜から2時になるという事。一時間早く起きることとなりちょっと最初は慣れるのが辛いかな。

秋は逆なので間違えても待ち合わせに遅れるという事はありませんが、春は気をつけないと。


先日、陶芸教室に行くといつも会う顔なじみのBさんがアシスタントで働いている中国から最近アメリカに来たYちゃんに南部とこのNYが文化面でどんなに違うか、と言う事をとうとうと説明していた。

Yちゃんは英語がまだ得意ではないのでどこまで分っているかは謎なんだけど、とにかくレストランに行ってもウエイトレスが隣の席の客と20分くらい話していてこっちに来ないので、African AmericanであるBさんはこっちに来ないのは差別だと思ったそうである。

しかし、そうではなく話が終わるとBさんたちの席に来てまた立ち話を始めたのでこれは差別ではなく立ち話するのがマナーだと知ることとなった。

そんな話をしながら思い出したのは街猫の最近のDance教室の話。

このクラスはヨガとバレーとHip hop danceをミックスしたクラスで曲もファンキーで動きも可愛いし、何よりも普段全然Cardioをやらない街猫の唯一のCardioのクラスなのだけど、LAが発祥の地であり、この先生も最近LAから引っ越してきた人。

白人で金髪で青い目のいかにもCaliforniaって感じのこの先生の文化は全然違う。

きっとCheerleaderかなんかだっただろうと思うような、いつも笑顔ではじけるように元気なこの先生はNYにはあまり居ないタイプ。

そしてきわめ付けがダンス中にHe he he~yと呼びかけてこっちにもへへへ~イと返すという盛り上がり方。

最初のクラスではAh~Feeling Good~と言い始めたのでお~これはなんだと思っていたら、このHey~へ移行していった。

そりゃだって恥ずかしい事。なんだかとってもGirlyな感じで、New yorkerには辛かろうこのルーティーン(爆)。

街猫もこれはついていけないか~と思っていたけどまあ未だに続けていってます。

とにかくこの話で、このBさん、Yちゃんとも爆笑でした。Bさんは見た~い、テープにとって持ってきて~と言うので、そんなの駄目、見たいならあなたもJoinしてと言うと嫌がってました。やっぱりタフなNew yorkerには恥ずかしかろう、ムフフ。

やっぱりカリフォルニアは違う。引っ越すには覚悟とHiになる薬が必要と思ってしまう街猫でした:)。


さて、今日は久々の陶芸ネタ。

ちょっと前の作品ですが…。

初めて作ったざると初めてEngobe、英語ではSlipとか日本語では粉引きとか言うんでしょうかを使った鉢。
f0032635_3275380.jpg

しいたけつきCoockie jarと化石つき皿。
f0032635_3285028.jpg

焼いてから放置しておいた時に誰かが雑に扱ったか、片一方のしいたけは取れてしまいました。こういうアタッチメント系って取れるのよねえ。しっかりつけたつもりでも乾く過程で縮むし、また釜の中でも縮むのが取れやすくなる理由。

初めてWaxを使って色抜きした作品。
f0032635_3294437.jpg

うまくWaxがはじいてなくて中途半端に色抜きされてしまいました。先生に後でふき取ってから焼くようにね、と言われた。早く言ってね、もう手遅れ。

これはなんでしょう?
f0032635_3311311.jpg

ボタンたちです。

バッグ作りなどの時にこのボタンを使ってます。目玉みたいのはペンダントヘッドでギリシャやトルコのメデューサの目と言うお守り。

あまりに可愛らしいとか素晴らしいと嫉妬の目がつきまとうのでその目を跳ね返すと言う意味でこのお守りを身につけるのだそう。

何だかちょっと陰惨な考えかただなあとも思ったりするのだけど、色合いが好きなのでアクセサリーとしてエンジョイするために作りました。

ボタンの方は今からボチボチ使おうと思っているのだけど、発見したのはボタンの穴がスムースでないと通した糸が切れやすくなっていくという事実。

細部まで気を配らないと完璧なボタンは出来ないと言う事で、またまたボタンも奥が深いな、と。

今学期ももう終わり、はりきってガンガン作ってます。

人気blogランキング クリックしてね。

March 10, 2007 1:40pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2007-03-11 03:41 | Pottery/陶芸

Ceramic cd case

毎日寒いですね。

街猫のアパートは上の階のラジエーターの関係で天井から水漏れがしたり散々です。

リビングのは酷くてまるで牛の乳のように天井が膨らみ気がついたところでちょっと穴をあけたら水がべちょべちょと出てきたし。

今度はベッドルームです。まったくどうなるんでしょ。

それでも明るく生きようと街猫は自分を励ますのでした。


という訳で今日は先学期作って最近色を塗って釜出しされてきた陶製のCDケースです。

コーヒーテーブルの上がどうも散らかるので毎日聴くようなCDやこまごましたものを収納するのに作りました。

ヒントはAnnual Gowanus Artists Studio Tourで見たオブジェ兼物入れのようなものでした。

立体駐車場みたいで面白いなっと思って、自分でも作ってみたのがこちら。
f0032635_936470.jpg

ヴィタミン剤やらCDやら散らかりそうなものをまとめて入れてみました。

横から見ると結構色んなファンキーな色を使ってるのが分るでしょうか。
f0032635_9371793.jpg

釜出しの時にどうも下にくっついてしまったようで一部かけていますが本人はとってもHappy。

やっぱり鮮やかな色っていいなあ。

ハンドビルディングで作りましたが、これでなんとなく要領は分ったので今度は改良をして二号を作ってみようかなとも思いますが、何せ作りたいものはいっぱいあるのでどうなるか。

人気blogランキング クリックしてね。

January 30, 2007 7:44pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2007-01-31 09:44 | Pottery/陶芸

Candle Burner

最近毎日Updateしている街猫。やれば出来るではないか、ハハ。

昨日からの寒さはめっきり厳しく、今日の朝はついに一ケタ台になったよう。一ケタってこっちは華氏表示で34度だかで摂氏の0℃だから、一ケタって氷点下もいいとこ。

ほんと、寒そう。暖かくしよう、今日は。

昨日チョコッと良い事があった街猫一家。年明け早々から良い展開になるか…という感じ。去年はイマイチだったから。

またご報告できると良いけど。そうなって欲しいなあ。


それにしても昨日の夫との会話は漫才みたいだった。

独り言のように今週掃除できなかったからやだなあ、と言っていたら、すかさず夫が、掃除は君の仕事じゃないから…と言うので。

そうよ、私の仕事じゃないわよ、だけど、私がやらなかったら誰がやるのよ、と言い返すと。

いや、だから誤らなくて良いよって言いたかったんだけど、と言うので、謝ってないわよ、なんで謝らなきゃいけないのよ、と言い返される夫。

ほうほうのていで逃げ出す夫に思わず、私って強い、と思ったものでした(爆)。

夫はといえばこのあたりの会話をすべて日本語でやっておりそれもまた上達したな、と思うんだけど。

食べ物もどんどん日本のパンとかが好物になって来て日本人化する夫。前はあんなやわらかいのやだ~とか言ってたんだけど。かまぼことかも食べるし。

さて、そんな話ではなく、今日は割ってしまったキャンドル バーナーを陶芸で作った話でした。

寸法を同じにして中に入れる電球を使いまわし出来るようにして、デザインは自分流。

コードが出る穴とか電球をセットする穴とか苦心して作りました。

そして
f0032635_054674.jpg

成功!

ちょっと不細工なところもあるけど、中で専用の香りつきキャンドルが溶けてます。

良かった。

下からキャンドルで炙っても出来ると思うので二号を作ってみたいです。

人気blogランキング クリックしてね。

January 26, 2007 10:07am (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2007-01-27 00:07 | Pottery/陶芸
寒さもやっと冬らしくなったNYC。街猫はと言えば陶芸&ニット生活はトップギアに入った感じ。

Studioにも行っているし、やっている量は先学期とあまり変わらなくなってきたけど何となく気持ち的には楽しい。

忙しくてもStressed outはしてない感じ。良かった~。

今日は最近あがって来たカフェオレボウルと鉢、そして友人へ進呈のカップのご紹介。
f0032635_214983.jpg

左はこれは馬鹿でかいだろうと思いながら作ったカフェオレボウルだけど、今日始めて飲んでみたら全然丁度いいではないの。やっぱり乾燥させたり焼くと縮むなあと思いながら…。

コーヒー美味しかった:)

しっかりブランチに先日煮た小豆のデザートまで食べている街猫。

右はまあ、何の変哲もない鉢。でもこの釉、結構、皆さんに真似したいと言われてまあ街猫としては機嫌がいい(爆)。

そして後方のカップは友人マリちゃんへのプレゼント。マリちゃんと言っても彼女はメキシコ系アメリカ人で、もっとエキゾティックな名前なんだけど、いつもニコニコして親しみやすく、おまけに本名を端折るとマリ、になるため、街猫は勝手にマリちゃんと呼んでます。

本当に可愛い子。

その彼女がMSWとMPHのDualの修士号を卒業した記念に作成しました。住所を確認して送ろうと思ってます。

こっちに来る事があれば会いたいなあ…。

桜の判子を押してもうちょっと色はブルーなら…と思うもののまあ、良いとして。

ああ、もう行かなくちゃ。何だか毎日、忙しい。


人気blogランキング クリックしてね。

January 24, 2007 12:06pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2007-01-25 02:09 | Pottery/陶芸

Christmas Present Pottery

ちょっと体調を崩し熱など出してふせっておりましたがなんとか復活したようです。

今日は久しぶりに外に出てみましたがまあ大丈夫かな。


さて、クリスマスも終わりプレゼントも開封したところで街猫のプレゼント陶芸を公開したいと思います。

じゃ~ん。
f0032635_249158.jpg

実はこれで全てではなく甥っ子に作ったかえる小物入れがあったのですが写真を撮るのを忘れました。

袋物で上まで伸ばして卵の殻のように作り、それから下から2/3程のところで切りフタつきの小物入れにした力作だったのですが。

さて、写真のカップたちは夫の両親や祖母そしてフロリダに住む叔母夫婦に送られました。

それぞれの個性に合わせて作ったつもり服装や身につける色などを参考にして。

右側の二つはイニシャルをかたどって夫の叔母夫婦に作ったもの。

この中では一番馴染みが薄い人たちなのでデザインなどのInspirationが少なかったのでイニシャルのデザインは我ながら良いアイデアだと思った。

義叔母(これって良い日本語?)はなんとなく柔らかい色のイメージだったのでラベンダーを使ったし、彼女の夫にいたっては好みはあまり分らなかったので当たり障りのない色を。

この色、結構気に入ってます。

真ん中の前は桜の花びらをかたどった姪っ子の湯のみ。色があまり思った通りにでなかったでちょっと残念。

奥の茶色は義父へ。夫に作ったこのカップに類似性を持たせて父子の感じを出してみました。

奥の緑は義祖母へ。形は彼女のイメージどおり。繊細で何となくヨーロッパのアンティークのような感じ。

色はまったく期待はずれもうちょっと繊細な薄い色にしたかったのですがそうもならず。

そして左手前は義母のカップ。色もほぼ思い通りだし形もほぼ思い通り。もうちょっとVividな色でも彼女はHappyだったかも。

お陰さまで評判は良く、皆さん喜んでいただきました。

びっくりしたのは義母もPotteryをちょっとやった事があり、叔母に至っては大学卒業後一年パリに住んでPotteryをやっていたそうな。

叔母は5ヶ国語くらい話せると聞いたけどフランス語はこの辺で学んだのかも。


人気blogランキング クリックしてね。


December 29, 2006 1:18pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-30 03:16 | Pottery/陶芸

お持ち帰りラッシュ

NYC、今日は30度台になり体感温度は零下3度という冷え込み。こんな寒い日に夫はロックフェラーのスケート行こうよと言うのでお断りした。

夫は寒いのは結構平気。冬に北海道に行った時もバスが止まる度に土産物屋付近で暖を取る私とは逆に雪原を走り回っていた。

やっぱり何だか犬系だな。シベリアンハスキーって感じ。目の色は同じっぽいし。


さて、今日は久々の陶芸お持ち帰り。あんまりHappyではない街猫。
f0032635_2512045.jpg

このシリーズ。まったく期待はずれ、本当はくっきりと青と白のコントラストになるはずだったのに、こんなににじんで…。

それなのに、こっちが焼き上がりを見る前にアメリカ人たちはわ~すごいこれどうやってやったの~?と気に入った様子。後で街猫がやっと見て落胆していると不思議そうにするし。

冗談かと思って家に帰ると夫が今までの作品の中で一番好きかも、だって。やっぱりアメリカ人の趣味なんだろうか、謎。

本人は予定と違ったのでがっかり。どっちかと言えばすぐに捨てたいと思ってしまったけど、今のところキープ。

f0032635_2505763.jpg

このシリーズは左の二つはまず予想通り。でも右の2つ。なんでこんなにうすいの。やっぱりGlazeって難しい。

f0032635_2524880.jpg

左奥、ブロンズを使ったらドロドロに。なんだか上手く行かない。それなのにやっぱり夫は気に入っていた。Interestingだって。

どうもCleanでない変わったものに興味を示すよう。

手前のIncsent burnerはもう使いました。途中で火が消えるんですけど。

ああ、色々と上手く行かない陶芸。気に入ったものがどんどん出来る日は来るのだろうか。


人気blogランキング クリックしてね。

December 5, 2006 12:54pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-06 02:56 | Pottery/陶芸