NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー

<   2006年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

North Country-シャリーズセロンの新作。

冬の炭鉱が舞台で寒くて辛~い映画でしかもテーマはずっしりと重たかった。

泣きたくなるようなシーンが随所にあり辛くなってしまった。

脇を固めるのは信じられないオスカー受賞者のドリームチーム。

まず、Frances McDormandFargoで、この映画の演技も素晴らしかった。オスカーの候補になるのでは?と思っていたらなったでしょ。

旦那役のSean Beanも中々良く、二人の愛には涙させられた。

シシースペイシクは勿論オスカー女優で母親役だった。今回の役はそれ程素晴らしいとは思わなかったのはきっといつもすごいからだと思う。

ちょっと前の彼女のIn the bedroomはすごく良かった。

メリッサトメイとか上手い人がこれまた出演していた。確かIndy映画だったのがヒットしたような映画だった。

メリッサトメイのMy cousin Vinnyは今も忘れられないおかしい映画。Brooklyn(NYC)のイタリア系アメリカ人の物語だが、彼女自身もBrooklynの出身らしい。

個人的に良いと思ったのは父親役のRichard Jenkinsである。良く見る顔だが何だか写真がない。

彼の演技は良かったと思う。個人的にはオスカーにノミネートされて欲しいと思ったがかなわず。

やっと見つけた写真、Richard Jenkinsは左側のおじさんである。

それから勿論主演のシャリーズセロンもオスカー女優である。でも今回の演技は素晴らしかったものの、これがまたオスカーを取るかといったらそれは又疑問。

どうしてもあのMonsterと比べてしまうのである。あの演技はすごかったから。

物語はミネソタの炭鉱のセクハラの裁判であるが、本当に暗い。アメリカで炭鉱と言うと一発で貧乏というイメージであり、この裁判が実際にあった1985年にこんな事が起こっていたのはきっとこの土地の保守体質だと思う。

MSWの時にSocial WorkでPoverty(貧困)を語った先生の奥さんは炭鉱夫の娘だといっていた。そう言う意味でも他の意味でもSocial Work満載の映画だった。

随所に泣かされるし、良い映画だとおもうが、最期の展開があまりにも取ってつけたように早すぎる。しかし、最初の展開はどうものろい。この辺り、監督があまり経験のない感じがする。2作目だそうである。

これだけの役者が揃ってるのだからもっと頑張って欲しかった。

人間の心の機微というのはこんな風に割り切れるものではなくもっと複雑だと思うのだ。勿論映画だから細部まで描ききれない事は分っているがそれにしてもとってつけたような展開だった。もうちょっとすったもんだが欲しいものだ。

そしてオスカーの作品賞を取れるか?と聞かれたらう~ん、とうなってしまう、と思っていたらやっぱり選をもれていた。

同じ、女性自立系のエリンブロコビッチと比べたらはっきり劣ると思う

Grade:B
f0032635_05207.jpg


February 8, 2006 10:02am (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-09 00:07 | Movies/TV
余談であるが、日曜日は例のSuper bowlと言う事で友人宅の観戦パーティに呼ばれた。50インチのテレビを購入した友人は自慢げであった:)。

大枚をはたいて流すCMはどんなんだろうかと注目していると、MI3(ミッションインポシブル3)のCMが…。

そして、なんとフリップ シーモア ホフマンが、画面に。

カポティだ~。f0032635_6192126.jpg

彼と、Jack Blackだっけ、King Kongに出ていた俳優との見分けが映画Capoteによってつくようになったばかりだったから良かった。

スパイの役なんだろうか…?

やっぱり結構メジャーになったと喜ぶべきなのだろうか?

夫と二人顔を見合わせて大うけしてしまった。思わずWhat is he doing there?と言ってしまった。

しかし、楽しみ。

出演者詳細はこちら

それにしてもトム クルーズはまだお客を呼べるのだろうか?ヒットするんだろうかやっぱり?
f0032635_6185693.jpg
February 7, 2006 4:17pm (EST)

人気blogランキング クリックしてね。

ミッションインポシブルIIIのReviewはこちら
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-08 06:22 | Movies/TV
Good night and good luck。年末に見た時も、入りはとても良かったようである。

ジョージクルーニー監督で出演もしている。Reviewはこちら

主役の俳優はオスカー候補と言われて久しいが街猫にはあんまりなじみがない。

ハリウッドらしいメディアの自由を叫ぶ内容で反体制。いかにもジョージクルーニーを代表する-というか、ハリウッド全体か-リベラルが好きそうな題材である。

しかし、信じられないのがわずか50年前のアメリカで上院議員を批判する番組を流せなかったと言う事。

ストーリーは実在のもので共産党員を次々と弾劾していった上院議員へのメディアの批判と反発である。

勿論この弾劾は行き過ぎの感があり、この映画では世論を含む誰もがそう思っているのにそれを言い出せないといったような内容になっている。

ハリウッドの俳優が次々と共産党員の疑いを掛けられ仕事が出来なくなった経緯もあるらしい。

映画の中では自分に従わない人は全て共産党員として弾劾していったというくだりもあり相当に反発心があったのを匂わせている。

例え共産党員だったとしてもそのせいで仕事を追われればこれは人権問題であろう。少なくても今のアメリカでは大問題である。

しかし考えてみたらこの頃まだ南部では黒人用のトイレやラウンジがあったと思えば、まあそんな事もあるだろうと思ってしまう。

映画の中も煙草ムンムンでしかもスタッフの大半が男という今では考えられない設定だった。

夫にこのジャーナリスト、知ってる?と聞いたら知ってると言ったので、冗談で肺がんで死んだでしょと、言ったくらいだった。自分が吸わなくても肺がんになりそうな煙の量だった:)。

この50年でアメリカがいかに変わったかと言う事か。

今や、アメリカの大統領を毎日のようにテレビで批判し、笑いものにするコントやギャグを入れれば入れるほどうけるというアメリカである。

メディアが権力に刃向かうようになり、それからメディアが権力を弾劾するようになり、そして権力がメディアを利用して宣伝するようになったアメリカ。

今では政治家のメディアの使い方は1つの戦略である事はまちがいない。


そう思ってみると面白い映画ではあった。

従業員同士の結婚が認められていなくて内緒で結婚している夫婦が居たり…。日本とか未だにこういうのありかな?結婚したらどっちかが辞めなければいけないみたいなの。未だに大会社とかもそうだったりするからなあ。

映画自体は緊迫感があって良かったと思うしドラマもあり役者も達者だったがあまりにもハリウッドの体制がにじみ出る内容だったような気も否めない。

それと時代の背景を理解していないと分り難い部分もあった。

Grade:A-
f0032635_5223276.jpg

February 7,  2006 3:23pm (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-08 05:27 | Movies/TV
Walk the line

Johnny Cashという歌手の生涯の物語である。

はっきり言ってこれはすごかった。レビューはこちら

リースウイザースプーンはオスカー取ったなって感じ。主演のJoaquin Phoenixも良かった。

フェニックスもだが、リースの歌も良かった。上手いというしかない。

リースの演技は南部の強い女という感じで痛快で役になりきっていた。あんな人友達になってみたいと言う感じの女性。

本人も南部の出身で南部の女性特有のチャームを持っているのではまり役だったのかもしれない。

これはオスカーでの競り合いが楽しみ。

最も作品的にはこの映画の方がとても分りやすいタイプの名作なのでその分他より分があるかもしれない。

リースはちょっと他に主演女優で張り合える人は居ないんじゃないかな。

脇も良かったけど、あまりにも主演の二人が凄すぎてって感じ。

映画自体の出来より俳優の演技がすごかったと言う作品。

やっぱり、親子関係やAbuseって成人になってからの子供のDrugやAlcohol abuseにすごく関係があるんだよな、と納得させられる話。

セラピスト的には主人公の荒れ方や心の動きが分りすぎて痛すぎた感じ。トホホ。

とにかくお勧め。


Grade:A
f0032635_1301912.jpg
February 5, 2006 11:00pm (EST)
[PR]
by nycdiary | 2006-02-06 13:02 | Movies/TV
オスカーも近づいて来たので2005年度に見た映画のReviewを書こうと思う。賞関連のは結構見ているのだ。第一弾はご存知、Capote。

夫も大絶賛のカポーティ。 Reviewはこちら

去年見た瞬間から果たしてオスカーを取るか?というクエスチョンのみが胸に。

役者は知らない人も居たけど、大概が知っている顔だった。

主役を含む登場人物の心理を考え出すとセラピストとしては夜も寝れなくなるような濃い内容だった。げっそり。

内容については本当にネタバレにしたくない内容。見てみるべしと言う感じ。

主演は勿論良かったけど、脇の殺人犯役も良かったと思うけどなあ。夫は殺人犯役を大絶賛でしたが。

しかし、このIn cold bloodという本を最後に生涯一冊の本も書けずにアル中で死んでしまったというTruman Capote。やっぱりセラピーかなんか受けるべきだったのでは、と思ってしまう。やっぱり受けてたかもね。

f0032635_1333658.jpg
Grade:A

February 5, 2006 11:34am (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-06 01:36 | Movies/TV

The 78th Academy Awards Nominees

最近来てくれる方が少し増えてちょっと嬉しい街猫。来ていただいた方ありがとう!

さて2005年度のオスカーのノミニーズが2,3日前に発表になりました。

The 78th Academy Awards Nomineesの主要な部分はこの方達。

Actor In A Leading Role / 最優秀主演男優賞

・フィリップ・シーモア・ホフマン (カポーティ)
・テランス・ホワード (ハッスル&フロウ)
・ヒース・レジャー (ブロークバック・マウンテン)
・ホワキン・フェニックス (ウォーク・ザ・ライン)
・デイビッド・ストラハーン (グッドナイト・アンド・グッドラック)

Actress In A Leading Roles / 最優秀主演女優賞


・ジュディ・デンチ (ミセス・ハンダーソン・プレゼンツ)
・フェリシティ・ホフマン (トランス アメリカ)
・キアラ・ナイトリー (プライド・アンド・プレジュディス)
・シャリーズ・セロン (ノース・カントリー)
・リース・ウェザスプーン (ウォーク・ザ・ライン)

Actor In A Supporting Role / 最優秀助演男優賞


・ジョージ・クルーニー (シリアナ)
・マット・ディロン (クラッシュ)
・ポール・ジアマッティ (シンデレラ・マン)
・ジェイク・ギーレンハール (ブロークバック・マウンテン)
・ウィリアム・ハート (ア・ヒストリー・オブ・ヴァイオレンス)

Actress In A Supporting Role / 最優秀助演女優賞


・エイミー・アダムス (ジューンバグ)
・キャスリーン・キーナー (カポーティー)
・フランシス・マクドーマン(ノース・カウントリー)
・レイチェル・ヴェイス (ザ・コンスタント・ガーデナー)
・ミッシェル・ウィリアムズ (ブロークバック・マウンテン)

Best Director / 最優秀監督賞

・アン・リー (ブロークバック・マウンテン)
・ベネット・ミラー (カポーティー)
・ポール・ハッジス (クラッシュ)
・ジョージ・クルーニー (グッドナイト・アンド・グッドラック)
・スティーブン・スピルバーグ (ミュニック)

Best Animation Film/最優秀アニメーション賞

・ハウルズ・ムーヴィング・キャッスル
・ティム・バートンズ・コープス・ブライド
・ワラス・アンド・グロミット・イン・ザ・コース・オブ・ザ・ワーラビット

Best Picture / 最優秀作品賞


・ブロークバック・マウンテン / Brokeback Mountain
・カポーティ / Capote
・クラッシュ / Crash
・グッドナイト・アンド・グッドラック / Good Night, and Good Luck
・ミュンヘン / Munich

Fullで見たいという方はこちら

楽しみです。

February 3, 2006 10:51am (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-05 00:53 | Movie Awards

社会福祉問題について

ハーレム通信のアキツさんのところで興味深いTopicを見つけたので返事を書いてみようと思ったがあまりにも長くなりそうなので自分のところにポストする事にした。

実はわたくし、MSW(Master of Social Work)を卒業したばかりのSocial Workerなのである。一応NASW(National Association of Social Workers)のメンバーでもある。いや、こんなん誰でもなれるけど:)。

一応金かけて勉強した身でもあるし、色々思った事を書いてみようかと思う:)。

この問題、黒人女性がきつくなるのは男性がふがいないせいではないか、と言うもの。う~ん、そうだろうな~と思うのであるが、人によっては結構違った意見を持っていたり、学問的には色んな角度から分析されたりしている。

例えば、セラピーの世界では、この男女のDynamicとかも男性がふがいない、と言う意見もあればある意味で女性側にCo-dependencyがあるのではないか、という意見もあったりするし…。

実は私の専門はサイコセラピーなのであった。何でセラピストがSocial Workerなの?と思うが-というか行く前は私もそう思った-Clinical Social Worker=Psychotehrapistと言う事でセラピストの中にはSocial Workのバックグラウンドの人も多い。街猫もその一人。

実習で貧困層の人とセラピーをした経験があって、思ったのは、なぜかという事は結構分る、一人一人話をしていると…。こういう風に考えるからこうなってこうとか…。

でもそれ以上進んでこうしましょう、という時にほとんどの人が挫折する。慣れ親しんだ環境を変えるという事はそれがたとえ最悪の環境であっても本当に難しいようなのだ。

結局、周りの誰にも出来てない事を自分に出来るはずがとか…。そういうSelf Esteemの問題もあるし。他の生活パターンに対するVisionがないと言うのもあるし。

この黒人女性の方々の怒りって自己防衛手段であるって思う。結構落ち込んでいたりする、そういう人って。でも本人も気付いていなかったり。SadnessよりAngerの方がパワーがあってShiftしやすいようである。

実際Anger managementで来てた人とか実はうつだったりとかさ。

学校で習ったのは、文化的に黒人層は確かこの場合男性と限定してあったったと思うけれどDepressedとかSadと言うところをAngryと表現するとか。だから結構暴力的に見えて落ち込んでいるのかもしれないし。

こういう文化的背景によるLanguage usageの違いを認識するのが結構大切な事だったりした。

この話では女性が怖いと言う事だけれど、やっぱり男性からのDomestic ViolenceとかあるだろうしPhysicalな。

Abuseは勿論Physicalだけでなく例えばVerbal Abuseだってある。

Verbal Abuseというのは子供に深刻な影響を与えると習った。怒鳴られる子供は前頭葉だったかな、の部分が常に刺激を受けリラックスできなくなってしまうそうである。

Hyper arrousalとか言って、常に緊張している事によって、リラックスする物質を形成する能力をなくしてしまうそうである。


それはさておき、この問題、結局、DrugsやAbuse等の問題で子供の頃から落ち込んだ環境で育ってしまってそのまま落ち込んでいたりするのではないだろうか。

だから自分はより良い生活にDeserveではないと本能的に思っている人もいると思うし、Middle classの生活に入っていく勇気と言うかSelf Esteemを持たないのかも知れないし。

そしてそういう人がまた親になり…という感じで…。そしてSW Schoolでは生徒の皆がこりゃ大変な事だ、と落ち込んだり。←これは私だけど:)。完全にBurnt outのパターン。

アキツさんの言うように話を聞いたりするのはとても良い事だと思う。私の患者さんにはDrop outする人も多かったけれどやっぱりマジで立ち直ろうとしている人も居たから。

そう言う時だけ、自分も役に立ったんだ~と明るくなったけど:)。

Directorには自分が少しでもその人に影響を与えた事を考えるようにしなさいと言われた。最初Drop outされて結構こたえていた時の話だ。

彼女達はどうしているのだろう、と考える。随分親密なセラピーをしたりしてすっかり入れ込んでしまいそうになる自分を結構抑えたりしていたなあ。

世の中にはこれでもかって言うほど不幸な事がいっぱいある人もいたりで、ほんとに自分が強くないと、って感じだった。


とにかくSocial Workersは日夜、あれが悪いのではないか、これが、とああでもないこうでもないを繰り返し、Fundsの続く限り色んなProgramsを打ち出しているわけである。

Single mothersを対象にして次世代の健全な子供達を育てましょうとか、ね。

国策的にも予算やPoliticsの関係も絡んでしょっちゅうPolicyを変え~のしてこの貧困をなくそうと努力しているわけである。

主流ではこの次世代と言うのが結構支持されている。何故かと言えば、結局悪くなってしまう元を断つほうがそれが貧困や暴力、薬物やアルコール中毒、果てはメンタルイルネスそのものを治療するよりも効率的だと思っているからである。

実際にHomelessは7割だか8割だかの確立で-これがまたTricky。だって人によって使うデータが違ったりして、自分の持論を正しいと主張したいがために学者達は色んなデータを用いる-Mentally illだと言われているし。

この国家がMental Healthのために使う公金はBillionの額だったと思う。いや、とにかくすごい金額。それが本当に深刻に国の予算を圧迫して笑っていられない状況にあるのである。

どうしてこれが貧困の話につながるかと言うとChild Abuseと成人になってからのDrug abuseそしてMental Healthというのは密接に関係している事が分っているのである。

だからして、やっぱり貧困層の生活の改善が結果的にはMental Healthに関係してきたりするのである。

そして社会治安的にはきちんと仕事に就いていれば他の事をする時間は限られてくるし、しかも収入があれば物に困ったりお金に困ったりして犯罪を犯す確立も少なくなるだろうと言う考えがあり、結局この貧困層のライフスタイルの向上は国の将来に重要な鍵を握っているのである。

勿論、犯罪は貧困層だけに起こるものではないけれど、勿論。

学校では、さらに進んで、資本主義である限りこの貧困は無くならない、と言う意見もあり、実際にAnti-capitalismを掲げている教授も居たりした。

しかし、主流は資本主義は良いとしても今のこの貧富の格差の大きさは遺憾であると言うものだった。

とにかくBill Gates氏がここにいるとしたら、あんた達はここ、と実際の自分の前年度の所得を元に生徒を廊下に並ばせたりして、貧富の格差の大きさを表現しようとしていた教授も居た。

いや、長~い廊下の端と端ですぜ。

そしてSocial Work schoolではBusiness PeopleというのはEvil(悪)という考え方が蔓延していた。いや、ほんとに。

クラスではBusinessのManagement sideの人間はExploiter(搾取者)と呼ばれ、悪者にされていたのである。

しかし、Factory workersとの間にMutual Benefitsはあるではないか、やっぱり使われる側だけでは社会は成り立たない、使う側が居なければ…等と延々と議論になるのである。

いや、シビアだよ、Social Work。実際若くやる気のある、私が世界を救う~みたいな生徒も居てActivistsって感じだったし。

勉強してみると結構とにかく奥がと~っても深い社会福祉。しかもこれにEthicsが加わったり、いかなる場合にもClientsをJudgeしてはならないだって。

せっかくSoberだったと思ったららりってセラピーをすっぽかされてもやっぱりJudgeしてはいけないとか、私は天使じゃないとマジで切れてた同僚も居たりして…。

とまらなくなりそうだからこの辺で止める。

それにしてもやっぱりストレスが溜まっていたのであろうか。

February 3, 2006 6:03pm (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-04 08:11 | Self

Fried Clamari&Sunrise Mart

昨日、カラマリフライを作った。

一昨日、夫がヴィレッジのサンライズマートでイカの良いのを買ってきたのである。

NYに住んでいる日本人でサンライズマートを知らない人は居ないだろうと思うけど、一応念のため。こういうところです。こんな写真も見つけました。

イカは黒々しているのが活きが良いという街猫の教育の効果のお陰で、良いイカがあった、とゲットして来た夫。ほんとに活きが良さそうだった。

夜、例によって夫は遅い。というか2,3日居なかったボスが帰って来たのですごく遅くなる、と連絡があったのだ。

ランチが大きかったのでそんなに食べられないなあ、でも何か、と思って冷蔵庫にあったイカに目をつける。

どうしようかな~と思いながら、カラマリのフライを作る事に。イタリア料理の前菜の定番って感じだけど。

結局イカフライじゃんと言う事でレシピも確認せずに自己流。

少々の酒を入れ、小麦粉に塩コショウだけという簡単レシピ。

油で揚げるとこれが美味し~い!イカが新鮮なのでどうやっても美味しいと思うけどほんとに美味しかった。

コツは小麦粉を結構多めに入れてサクサク感を出す事だな。ちょっとケチったので日本のイカフライのような感じに…。

揚げる時のコツは一個づつ入れずにまとめてどばっと入れ後でほぐす感じのほうが粉の部分が良く入り後でサクサク感が出るよう。

美味しそうな写真を見つけたので載せる。こんな感じ

f0032635_2175351.jpg


このRecipeはFood NetworkのEveryday ItalianのGiada De Laurentiisのもの。街猫はRachel Rayより彼女の方が好き。

f0032635_2274781.jpg


レシピはこちら

やっぱり小麦粉かなり多め。だけど、カーブも気になると言うのなら少し少なめにしてちょっとサクサク感を楽しんでも良いと思う。イカだけでも美味しいようなものだし…。

February 2, 2006 12:28pm (EST)
[PR]
by Nycdiary | 2006-02-04 02:29 | Food

Shade Bar

Shade Bar
241 Sullivan St
New York, NY 10012-4831
(212) 982-6275
Directions: A, C, E; F, V, B, D at W 4th St 241 Sullivan St

こないだ映画を見に行くのにこのBarに寄った。時間があったし、歩いて遠い距離だったから疲れたので寄ったのだ。

Reviewも中々良いみたい。ここ

こじんまりしたBarで、小さいカウンターとボックス席が5,6個あるだけ。しかし、何かくつろいだ雰囲気なのだ。近所の人とかちょっとリラックスしに来てる感じもあるし。そう滅茶苦茶お洒落と言う雰囲気でもないし、普通なんだけれども…。

カウンターに座って夫はビールを私はカンパリオレンジを飲んだ。しめて12ドル。

今度はボックス席でゆっくり飲んでもいいなあと思った。

Washington Square Parkのすぐ近くて公園では芸人が出てたり…。その昔はここがドラッグの取引現場になっていたり危なくて近寄れないところだとは信じられない。今も何かヒッピーぽいけどね。

夫に言うとNYU(NY大学)が近くにあるからね、だって。やっぱり大学の街ってどこもリベラルなのかな。

中々良い感じのところです。お勧め。

Drink $度:$6/Person

February 2, 2006 10:19am (EST)
[PR]
by nycdiary | 2006-02-03 00:20 | Bars & Jazz

Syriana(映画)=シリアナ

昨年見たSyrianaをご紹介したい。Reviewはこちら

この作品、数々の賞で評価され、一度はCinderella ManのPaul Giamattiを破ってGeorge Cloonyが助演男優賞を獲得したりした。

確かに体重も増やしただのおっさんと化していた彼の演技は気合が入っていたかもしれない。でも原作に忠実にしようとはげにするのは生えてこなくなったら嫌だという理由で拒んだらしい。

やっぱり中途半端な気合の入り方なんじゃないかなあ。

映画としては、分りにくかった。あのトラフィックの監督だったので色んな物語を同時進行で描いていたし…。

トラフィックは題材が日常的だったけど、これは石油の利権の話だしね。やっぱり分り難いかも。

結局はアメリカが石油の利権のために悪い事をしているような事を描いたり…ハリウッド監督の問題提起的な映画だった。

ハリウッドってこういうの好きだものね。

脇はMat DamonやAmanda Peetだった。これもまた別に特筆するべき演技でもなかった。Mat Damonって役者的にはそう優れていないのでは…と思ったりする。

ただこのAmanda Peetというのは出演作も多くいつも脇をやっているのだけれど、結構幅広い役が出来るのではないかと思う。

見たのは2000年のWhippedとかChanging Lanesとか後はIdentityというのもあったな。いづれも結構違う役どころをまあそつなく演じていたと思う。こないだテレビで批評家が言うには彼女のような女優はもっと評価されるべきだそうだ。

そうかもしれないなと思う。コメディも出来るしドラマも、スリラーも出来るし、ただきれいなだけの馬鹿も出来れば、普通の奥さん系も出来るし。

Identityというのは個人的に結構好きだったけどね。Multiple personalityの話で職業的にも興味があったし。結構怖かったし。

まあ2006年も売れてるじゃないですか、彼女。出演作は目白押し。

後はChris Cooperとかはどんなに小さい役でも本物みたいにやると言うのは実証済みだし。

ちらっとしかでなかったけど、この役者が結構好き。Tim Blake Nelson。よく見る顔だけど、O Brother, Where Art Thou?が印象的だった。

良い役者ばっかりそろえてる割には皆チョイ役だからノミネートされないし、大役をやった人達はそこそこって感じだったなあ。

Grade:B
f0032635_4174365.jpg
February 1, 2006 2:15pm (EST)
[PR]
by nycdiary | 2006-02-02 04:18 | Movies/TV