NYCdiary=街(まち)猫の日記。ガーデニング、陶芸、レストランレヴュー、手作りバッグ等を更新しています。   Since January 1, 2006


by nycdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Christmas Present Pottery

ちょっと体調を崩し熱など出してふせっておりましたがなんとか復活したようです。

今日は久しぶりに外に出てみましたがまあ大丈夫かな。


さて、クリスマスも終わりプレゼントも開封したところで街猫のプレゼント陶芸を公開したいと思います。

じゃ~ん。
f0032635_249158.jpg

実はこれで全てではなく甥っ子に作ったかえる小物入れがあったのですが写真を撮るのを忘れました。

袋物で上まで伸ばして卵の殻のように作り、それから下から2/3程のところで切りフタつきの小物入れにした力作だったのですが。

さて、写真のカップたちは夫の両親や祖母そしてフロリダに住む叔母夫婦に送られました。

それぞれの個性に合わせて作ったつもり服装や身につける色などを参考にして。

右側の二つはイニシャルをかたどって夫の叔母夫婦に作ったもの。

この中では一番馴染みが薄い人たちなのでデザインなどのInspirationが少なかったのでイニシャルのデザインは我ながら良いアイデアだと思った。

義叔母(これって良い日本語?)はなんとなく柔らかい色のイメージだったのでラベンダーを使ったし、彼女の夫にいたっては好みはあまり分らなかったので当たり障りのない色を。

この色、結構気に入ってます。

真ん中の前は桜の花びらをかたどった姪っ子の湯のみ。色があまり思った通りにでなかったでちょっと残念。

奥の茶色は義父へ。夫に作ったこのカップに類似性を持たせて父子の感じを出してみました。

奥の緑は義祖母へ。形は彼女のイメージどおり。繊細で何となくヨーロッパのアンティークのような感じ。

色はまったく期待はずれもうちょっと繊細な薄い色にしたかったのですがそうもならず。

そして左手前は義母のカップ。色もほぼ思い通りだし形もほぼ思い通り。もうちょっとVividな色でも彼女はHappyだったかも。

お陰さまで評判は良く、皆さん喜んでいただきました。

びっくりしたのは義母もPotteryをちょっとやった事があり、叔母に至っては大学卒業後一年パリに住んでPotteryをやっていたそうな。

叔母は5ヶ国語くらい話せると聞いたけどフランス語はこの辺で学んだのかも。


人気blogランキング クリックしてね。


December 29, 2006 1:18pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-30 03:16 | Pottery/陶芸
実は24日は8回目の結婚記念日でした。今年は日曜日だったので前に行って気に入ったRiver CafeにBrunchに行って来ました。前回の記事はこちら

まずは冬のEast Riverと美しいブルックリン橋、そして水面に浮かぶマンハッタン島と心地よいピアノ演奏をお楽しみください。

左側に点のように見えるのは実は自由の女神さんです。

アップにするとこうなりまする。
f0032635_363167.jpg

このVideoに雑音が少ないのは私達が開店と同時に行って最初のお客だったから。とても美しい光景でした。こんな感じ。
f0032635_393262.jpg

写真では感じが出きってないかもしれませんが、まったく胸躍るような美しさでした。

ここのお店は他のロマンティックさを売りにしているお店のように沢山キャンドルがあったり過剰な演出がありません。そしてインテリアも最新とは程遠くクラシックな感じをかもし出しています。

でも街猫にはとってもロマンティックに映るのですよね。夫も同感でした。


さて、お料理は最初は無料のバナナカスタードとグラノラ。暖めたミルクをかけてくれてとっても美味しかった。
f0032635_315848.jpg


知らなかったのだけど前菜とアントレのセットで$40のディールでした。

前菜はフォアグラとオイスターと迷って結局お天気が良くて暖かかったので冷たいOystersが食べたくてオーダー。
f0032635_3174736.jpg

キャビアを乗せてもらたので$12増し。

レモン汁にSpiceを混ぜたものを凍らせてあってそれをかけて食べるので生のレモンよりも冷たく美味しくいただけました。

夫は気をきかせてフォアグラを注文してくれました。ちょっともらって食べたけどこれもとっても美味しかった。
f0032635_3192360.jpg

アントレは二人とも肉だったのでワインはこれ。
f0032635_322825.jpg

街猫は前菜のときだけティオペペを飲みました。

アントレは夫はフェレミニオン。街猫は前回大ヒットだったDuck。どちらも$5増しです。
f0032635_32332100.jpg

f0032635_3235690.jpg

このDuck。前回とはちょっと違うスタイルだったけどとっても美味しかった。ソーセージもSpiceがきいているのにほんのり甘いという良い味。

卵はニワトリではなくDuckの卵。しかも黄味はとろけるような固さに調理されてました。美味。

夫も一口食べて感動しておりました、このDuck。やっぱりここはDuckです。


窓から見えるのはこの景色。
f0032635_3285031.jpg

f0032635_3292132.jpg

f0032635_3295467.jpg


お食事中はこの8年の事、過去7回の記念日の事を話したりして。夫は全部覚えてたし。

デザートはブルックリンブリッジのチョコレートムース。これはちょっと甘すぎたかな。前回のデザートは美味しかったけど。
f0032635_3325858.jpg


例のワインSyrahと言うヤツで軽くて料理にすごくあってよかったのだけれど、なんと$70もしたそうで、結局合計でチップ込みで$260だったよう。

しかし、生涯の中でもOne of the bestのお食事でした。


ここのViewが水面に近い感じがするのはこの水に浮いているような建築のため。
f0032635_3351663.jpg

勿論、レストランは揺れません。

カジュアルなSpaceがこの右側にあり、Greenhouseのようでした。そっちはミニマムオーダーは$25だそう。↓
f0032635_339114.jpg

中も中々美しかったですよ。Green houseみたい。

このサイトにちょっと写真が出てます。このDeckは気持ち良さそう。

帰りにはピアで結婚式のカップルが。なんでいつも観光地って中国系の結婚式があるんでしょうか。それはともかく。
f0032635_464668.jpg


私達と同じ結婚記念日だね、と夫に言うと夫はこの世にどれほど多く僕と同じような夫が居ようと僕ほど幸運な男はいないよ、と胸に何かつまるような感じで言うから。

こっちもなんだか同じように胸がつまったりしました。

料理は美味しいしViewは美しかったし、Waiting staffは素晴らしいし、そして何よりデイト(夫)は最高だったし。良いAnniversayでした。

お勧め度:10

Brunch $度:$130/Person(Including tips and $70 wine bottle)

River Cafe
1 Water St (Cross Street: Old Fulton Street)
Brooklyn, NY 11201
(718) 522-5200
Directions: A, C, E at Fulton St


人気blogランキング クリックしてね。

December 26, 2006 2:03pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-27 04:02 | Restaurants & Cafes

Merry Christmas 2006

f0032635_4504997.jpg

遠方からのプレゼントも揃って今日はプレゼントを開ける日。

夫が子供の頃の、今日こそサンタを見ようと寝ずの覚悟でのぞんだイブの夜の話とかクリスマスの朝がどんなにワクワクするものかと言う話とかちょっと聞きながら。

電話では街猫のPotteryのプレゼントが喜ばれた話なども聞きながらのクリスマス。

後ほど街猫作品のプレゼントの写真もUpしたいと思います。

義父母からはKnitの雑誌をもらった。実は購読予約がしてあって一定期間毎月送られてくる段取りになってるそう。

早速、見てみると興味深いデザインが...。はりきって編もうと思います。

義祖母のプレゼントは去年、87.5歳で初めて録音してCDにした自身のピアノ演奏。

義祖母は若い頃はオーケストラのチェロ奏者だったのだけれど、ピアノも弾ける。早速聞いてみて中々感心。

バークリーで音楽を学び、ドラマーとしての活動やドラムインストラクターとして活躍する義弟からはStarbucksのココアとGift certificate。

何でって、Starbucksでアルバイトしているのだそう。

彼の友達はコネがあってある名の知れたロックバンドのドラマーとしてヨーロッパと日本ツアーに参加する事が決まったそう。

それがその3ヶ月でなんと$200,000とかもらえるらしい。いや~、すごいのね。

義弟自身にはそんなBreakはまだのようだけど近々ドラムの教本を出版するそうで楽しみ。


去年は夫の両親の家に行ったけど、今年は二人で過ごします。静かなクリスマス。皆さんにも、

Merry Christmas!

人気blogランキング クリックしてね。

December 25, 2006 3:00pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-26 04:57 | America
こんにちは クリスマスイヴ おめでとう!

Geekの夫のRescueにより動画のUpが出来ました。Rockefeller Center skate rinkです。

音もクリスマスらしくて良いので聞ける方はお楽しみください。



この映像は夫が滑りながら撮りました。実は夫は大学時代Ice hockeyをやっていたのでSkateは上手いのです。

華麗なすべりの夫に比べ街猫は手すり掃除。生涯に3度くらいしかやった事はないとはいえ未だにやっと手を離してチョコチョコ歩きと言った感じ。

このスケートリンクにはギャラリーが異常に多いのでちょっと緊張します。世界中からの観光客に見守られながらついでに写真も撮られたりしながらのすべり:)。

転んで起きられないとこのVideoにも映っている赤いシャツのお兄さんが来て助けてくれます。

家族連れなどでにぎわうリンク。この日も家族連れのおじさんが率先して写真を撮ってくれたり。

暖かい日で気持ちよかったです。

二回目に転んだ時に手を打ってそれがトラウマ(爆)になって一時間半ほどでこの日はリタイア。しかし、今までの中で断トツに楽しかったSkatingでした。

このサイトにあるようにとても美しいロックフェラーのスケートリンク。

日によっても違いますがリンク利用は大人$20前後。それプラス靴のレンタル料($8.50)です。

テクニカリーには一時間半?ごとの休憩をはさんでもずっと居続ける事は出来、一日中でも楽しめるようです。そう思えばそんなに高くもないか。

美しい風景にクリスマスっぽい音楽、そして、周りにはカフェやレストランがあってテーブルの上のお料理までしっかり見えるこの不思議な感覚。

ここのSea grillは結構美味しかった記憶が。食べてる方からはスケートも見えるという特典つき。

今年は暖冬。滑っていると上着も要らない感じだから気持ちいいかも。

周りに紀伊国屋書店やShopping spotも沢山ある観光にも最適の場所です。

転んだ時に手を打ったりするので手袋は忘れずに。荷物預かりはあるけどロッカーはないので貴重品は提げられるポシェットとかを身につけると良いです。

上手い人ばかりではなく、結構下手な人も居て手すりを獲りあったり:)。それもまた楽し。

Rockefeller Center Skate Rink
5th Ave. between 49th and 50th streets
New York, NY 10020
212 332 7654 - General Info and Status
212 332 7655 - Skating Lessons

人気blogランキング クリックしてね。

December 24, 2006 9:55am (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-24 23:53 | NY Spots

BODIES Exhibition

夫が休みの時に一緒にBODIESを見に行きました。

友人に面白かったと勧められていたこともあったし、フロリダでもやっていてそれが007 Casino Royalに出ていてリマインドされてしまった。

場所はSouthstreet Seaport。
f0032635_10172423.jpg

港があって、Shoppingにもよくて中々お洒落な感じの観光スポット。しかし、昔はこの辺は怖ろしくて近寄れないようなところだったそう。今はとっても安全。

前にご紹介した船着場からUptownの方やBrooklynへの便も出てます。

ツリーもこの通り。
f0032635_10182968.jpg

そしてExhibitionはこの入り口。
f0032635_10191523.jpg

内容はと言うとこの写真の通り人体の本物のサンプルが色んな部分や全身と言う形で展示されているのです。
f0032635_10224622.jpg

勿論、血を抜いてあるせいで人体の水分は抜けているのでサンプルの身体はちょっと小さめ。

しかし、美女の胴切りどころじゃない縦に食パンのように切られた縦切りサンプルありと全編人体の神秘と言った感じ。

身体のちょっとしたFactsみたいなものも書かれていて結構興味深い。

体中の血管のサンプルだとか肝硬変の肝臓のサンプルだとか多彩。

先日、アル中の本を読んだのだけど、そのアル中の肝臓の描写とそっくり同じ様子だった。

月面クレーターのようにでこぼこで腫れて破裂したようなぶつぶつがあり灰色。

Smokerの人の肺など、結構行ったら健康についても考えさせられる内容。

それにしても綺麗に処理してあるものと感心すると同時に、鶏肉などのすじそっくりの人体を見るとこの私が一瞬、ベジタリアンになりたいという思いが胸をかすめたほど。(本物だものね、なんたって、まつげまでそのままついてるもの)

入場料は時間帯にもよるけどだいたい$26と高めだけど、それとちょっとグロイけど面白かった。

はっきりと書いてないのですが2月までやっているようです。

BODIES New York
EXHIBIT INFORMATION
South Street Seaport Exhibition Centre
11 Fulton Street,New York, NY, 10038
(at the corner of Front Street)


人気blogランキング クリックしてね。

December 21, 2006 8:34pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-22 10:32 | NY Spots

夫の即席マフラー

ちょっと前に編んだこのマフラー。夫は気に入って使ってます。

なので本人着用の際の写真を。
f0032635_1024621.jpg

この編み方正式にはなんていうか知らないのだけど、棒編みでひたすら表編みだけをやっていくとこうなる。

ちょっと前に買った帽子とマフラーがこの編み方だったのを真似たもの。

簡単ですぐ編める。

写真では分り難いけど、黒と明るい青のツイードの対比がとっても印象的。街猫も気に入った一枚です。

もうクリスマスまで秒読みの今日この頃、今日はちょっと寒かったけどやっぱり暖かいなあ。


人気blogランキング クリックしてね。

December 21, 2006 8:08pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-22 10:06 | 編み物&縫い物&Craft
もうこのまま更新はなしか、と思われていたBlog。更新しております。

実は夫が2週間の休暇を取っていて毎日週末みたいな感覚でいたので更新が滞っていたのです。

この休暇にカリブにでも行きたいところですが、そうも行かず。そのわけは...。

修士号一個学費だけで$50,000くらい?だから$100,000に、二年間ほとんど無収入の生活費...と考えるのはやめよう。怖ろしい。

それにしてもアメリカって学費が高い。街猫夫妻の行ったのは一応州立(私立だと思ってる人が多いけど)なんだけど。

Student loanを持ってない人は珍しいくらいのアメリカだけど夫婦だったらどっちかが働いていてどっちかが学生と言う人がほとんど。やっぱりダブルはきつい。

来年に期待しよう!(明るく)


とにかくNyで出来る事をやった二週間。楽しかった。夫は何ヶ月ぶりかに本を読んだそうで。その本が結構面白そうだった。こんど街猫も読んでご報告します。

映画は何本も見たし、そう、ロックフェラーのスケートついに行きました。

それと言うのもNYC、なんだか60度台の日が続いて暖かかったのですよ。しかし、ここ何日かはまた40度台。

と言っても雪の気配もなく、街猫的にはクリスマス気分も何だか盛り上がらない今日この頃。もう20日なんだ。

プレゼント買わなきゃあ。In lawsと日本の家族へのプレゼントは送った。街猫のマグカップ。クリスマスが終わったらどんなのだったかUpしたいと思います。


ロックフェラーのスケートの動画をUpしたかったのですがなんだか出来ないので、変更して街猫のCraftの話。

先日、去年作ったこのバッグを持ってEast Villageでお友達と会食。

今度出来たChocolateの店で濃厚なチョコレートを飲んでご機嫌で帰宅中。←この店もまたご紹介しますね。

地下鉄の駅で若いカップルの隣に座ったら、そのMean girlsとかに出てきそうな若くて可愛い女の子が、そのバッグ良いわね~と話しかけてきた。

ありがとう、私が作ったの、と言うとものすごく驚いて、良いわ、可愛いわ~と絶賛。

編み物を習ってたの~とか聞くので習ってないわ、でも簡単なものしかしないし。

そして、その時身につけていたScarf(日本語ではマフラーか)はこれ。
f0032635_2131884.jpg

ちょっと色が違うくうつってますが結構気に入ってますこれ。

女の子は、それも自分で作ったの~と聞くのでそうよ、と言うとまた感動しかり。

バッグを沢山作ってると言うと友達にはあげたりするの?あなたの友達だったら良かった~としきり。

Compliementsはよくもらう事があるのでそれは珍しくもないのだけれど、この子はほんとうに気に入ったよう。

それとその彼氏がいくらだったらその帽子を売るか、と聞いてきた。売らないと言うと売るとしたらいくら?とか聞いてくる。

友達でそんな帽子を$60くらいで売ってる子が居るそう。だから自分も売りたい。自分にはコネがあるし、みたいな感じで。

$40くらいなら売ってもいいと言うともっと安く沢山売れば?と。街猫は薄利多売だとすごく働かなきゃいけないからやだ、と言うとそう~って事で。

とにかく、売る気はない、と言って来た電車にじゃあね、と乗り込んだ。

カップルも乗ってきて離れた席に座ったのに、男の方がまたやってきて電話番号を教えて欲しいと。

ちょっとびっくり。でも教えませんでした。だって、Strangerだし、安く買いたそうだし、しかも降りる駅が来ちゃったし。

しかし、面白い経験でした。


バッグの方はちょっと改良を加えました。

こないだ、陶芸でボタンを作ったので修繕ついでにつけたのでした。
f0032635_2301474.jpg

Nutをかたどって作ったボタンです。一応陶器ですが割れるかもと言う感覚もないのでちょっとホッとしました。


さあ、Present買いに行かなきゃ。

人気blogランキング クリックしてね。

December 20, 2006 12:34pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-21 02:33 | 編み物&縫い物&Craft

お持ち帰りラッシュ

NYC、今日は30度台になり体感温度は零下3度という冷え込み。こんな寒い日に夫はロックフェラーのスケート行こうよと言うのでお断りした。

夫は寒いのは結構平気。冬に北海道に行った時もバスが止まる度に土産物屋付近で暖を取る私とは逆に雪原を走り回っていた。

やっぱり何だか犬系だな。シベリアンハスキーって感じ。目の色は同じっぽいし。


さて、今日は久々の陶芸お持ち帰り。あんまりHappyではない街猫。
f0032635_2512045.jpg

このシリーズ。まったく期待はずれ、本当はくっきりと青と白のコントラストになるはずだったのに、こんなににじんで…。

それなのに、こっちが焼き上がりを見る前にアメリカ人たちはわ~すごいこれどうやってやったの~?と気に入った様子。後で街猫がやっと見て落胆していると不思議そうにするし。

冗談かと思って家に帰ると夫が今までの作品の中で一番好きかも、だって。やっぱりアメリカ人の趣味なんだろうか、謎。

本人は予定と違ったのでがっかり。どっちかと言えばすぐに捨てたいと思ってしまったけど、今のところキープ。

f0032635_2505763.jpg

このシリーズは左の二つはまず予想通り。でも右の2つ。なんでこんなにうすいの。やっぱりGlazeって難しい。

f0032635_2524880.jpg

左奥、ブロンズを使ったらドロドロに。なんだか上手く行かない。それなのにやっぱり夫は気に入っていた。Interestingだって。

どうもCleanでない変わったものに興味を示すよう。

手前のIncsent burnerはもう使いました。途中で火が消えるんですけど。

ああ、色々と上手く行かない陶芸。気に入ったものがどんどん出来る日は来るのだろうか。


人気blogランキング クリックしてね。

December 5, 2006 12:54pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-06 02:56 | Pottery/陶芸

Flower & Christmas Cactus

最近、また夫の帰りが遅いと思ったらこんなわいろを。と言ってもその辺のコンビニで買ったのか毒々しい色の薔薇だとか大きな菊が入ってたのですが、それが枯れてきたので可愛い花だけでブーケ風に作ったのでした。
f0032635_8314755.jpg

これの方がよっぽど可愛くて好きなのだけど、男には私の趣味はきっと分らないだろうなあ。

最近は60度台で今日から12月と思えない陽気のNYC。一体、何?暖かいのはいいけどちょっと気持ち悪い感じ。


先日、Eikoさんのところで見た、Christmas Cactusが可愛いなと思っていたらスーパーで一鉢なんと$2.99。購入しました。

結局色違いで三鉢買っちゃったのですが。それでも安いと思う。

色はピンクと白に近いピンクと赤です。一緒に鉢にもってみました。なんか大鉢にわっとしてた方がイメージにあいそうだと思って。


街猫は実はChristmas Cactusなんて名前を知らなかったのだけど、この植物は中学生くらいの時におばさんの家にあるって感じの地味さだったのだけど、今回見て可愛さを再発見。

そして、日本語のシャコバサボテンという名前よりも可愛く聞こえるからでしょうか。結構気に入りました。
f0032635_8395018.jpg

経験上、スーパーとかHomedepoとかで安く買うとその時綺麗に咲いていたりしてもすぐに元気がなくなると知っていたのでどうかな~と思ったのですが、今のところまだつぼみはもっています。

プロの方が上手~く色んな肥料とか技を使って咲かせてあったりするのでそれを素人が引き続くと元気がなくなるだとか、お店と環境が変わるとたちまち弱るだとか色々噂はありますが、とにかく買ってくると弱るイメージのある花たち。

このつぼみがずっともって咲いて欲しいなあと思うのです。
f0032635_8431226.jpg

可愛いつぼみ、沢山ついています。

人気blogランキング クリックしてね。

December 1, 2006 6:47pm (EST)
[PR]
by NYCdiary | 2006-12-02 08:45 | Garden